スクスト/眠れる森のストライカーズ/感想

眠れる森のストライカーズで、華賀利がアクションシーンに張り切る様子や、悪い魔女にケリをブチ込みにいくと言って、気合い入れている様子は、何とも言えず可愛らしいです。

何とも、蹴りとか土下座とか、Sッ気たっぷりの強気な様子は何とも可愛らしいですね(そhそして、姉の依咲里がひとりで屈辱感に快感を覚えているので、SとMの相性が良い姉妹なのだなあ、と思ってしまいます)。
そして、今回もヤルキしか見えないティエラ先生は愛嬌たっぷりです。
でも、ティエラ先生よりも華賀利の方が白いドレスがよっぼと似合っています。これはもう、疑いようがない事実ですね。
あと、これまで私は、同じ灰谷姉妹でも姉の依咲里ちゃんには見向きもしなかったのですが、今回のタキシード衣装はかなり似合っていると思います。
はじめて、ああ、姉もいいなと思いました。
華賀利ちゃんの、計画を練っている時のちょっとズレている異常な感じは、個人的にかなりツボです。メガぱっちり開いているのも可愛いかもしれませんが、目が細くなった時の方が異常性が感じられて好きだったりします。
そして、毎回思うのがスクストのアニメーションのうまさです。
動きや色、世界観もですが、ポージングというか角度とかがスゴくいいと思います。
決めるところは、すごくかっこいい角度からカメラ撮って決めてくる感じがたまらない、と思っているのは、きっと私だけではないはずです。
今回も、さいご、「ご神妙になさいませ」の時のしまい揃ってガチっと決まる瞬間が貯まらないです。

インジュリアスマジョオブリ

糸を主食に食べていると言われています。
「ゴオオブリ」という手下と一緒に境界の当りをまわり、可愛らしいお姫様や秀麗眉目な王子様を見つけては興奮して、コスチュームをはぎ取り、糸を解いて「つむ」に巻き取る修正を持っているようです。
いつもの限定オブリ同様に「きもい」としか言いようがないオブリです。
それにしても、このオブリの設定を考える人達は一体なにもの…とも思えてしまいます。

【PR】「進撃の巨人」「ちはやふる」等の人気漫画が読める!R18系も!
DMM電子コミック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする