投稿日:

オデットのキャラ詳細とシュヴァントゥール

タワプリも配信されてから半年を迎えようとしています。
ここに来て、ついに初期の姫以外に新しい姫が登場しました。

オデット(白鳥の湖)

ピンクのふわっふわなロングヘアが特徴、「白鳥の湖」を題材としたキャラクターです。

白鳥を髣髴とさせる白い羽根をふんだんに使ったドレスが、なんとも上品…を通り越してセクシーな感じになっています。

むちむちの太ももや胸がかなり主張してくれていますね。
新たなセクシー&ブリブリな感じの姫到来です。

「くるっぽー」が口癖の天然キャラ

そのビジュアルは男子狙いなのかとおもいきや、実際はかなりの天然キャラです。
イメージ通りにふんわりとした性格のキャラクターで、たまに白鳥の姿になるのだとか。

弱めの改革派

オデットは、改革派か保守派かと言われたら改革派です。
白雪姫のいるシュネーケンと古くからつながりがあることが理由ですが、そこまで改革・保守にはこだわっていない面も見られ舞うs。

湖上都市のシュヴァントゥールに住んでいます。
おとぎの物語では、オデットの恋のお相手は「ジークフリート王子」となっています。

果たして、タワプリでもジークフリート王子は出てくるのでしょうか…。

オディール

シュヴァントゥールの名を世界に知らしめている郵便をまとめている、しっかりもののデキるお嬢様です。仕事もデキて美しいキャリアウーマンといったところでしょうか。

白い印象のオデットとは対象的なオディールですが、実はオデットとの幼なじみです。
前が大きく開いたドレスは、シュヴァントゥールの流行なんでしょうかね。

声優は高野麻里佳さんです。

シャルロッテ

見習い郵便配達員のフクロウです。
一応メスです。

オデットにあこがれている可愛いフクロウ、健気に頑張る姿がとっても可愛いです。
彼女もまた、そのうちオデットのように人間に変身するようです。
声優は桑原由気さんです。

エリアス

オディールに対して若干病的なまでに好意を持っています。
白鳥の国だけあって、彼もまた白鳥になることができるのですが、若干性格にクセありです。

薄紫のスーツに青いバラを散らしています。
ビジュアルは華麗なる貴公子を気取っていますが、性格は…かなりイタイところがあります。右目に眼帯をつけていますが、もしかしたらファッションなのかもしれません。

ちなみに、オデットのいとこです。
声優は市来光弘さんです。

湖上都市シュヴァントゥール

オデットやドロシーが暮らしている街です。
世界の郵便はここに集まると言ってもよい、都市です。

タワプリも配信されてから半年を迎えようとしています。
ここに来て、ついに初期の姫以外に新しい姫が登場しました。

オデット(白鳥の湖)

ピンクのふわっふわなロングヘアが特徴、「白鳥の湖」を題材としたキャラクターです。

白鳥を髣髴とさせる白い羽根をふんだんに使ったドレスが、なんとも上品…を通り越してセクシーな感じになっています。

むちむちの太ももや胸がかなり主張してくれていますね。
新たなセクシー&ブリブリな感じの姫到来です。

「くるっぽー」が口癖の天然キャラ

そのビジュアルは男子狙いなのかとおもいきや、実際はかなりの天然キャラです。
イメージ通りにふんわりとした性格のキャラクターで、たまに白鳥の姿になるのだとか。

弱めの改革派

オデットは、改革派か保守派かと言われたら改革派です。
白雪姫のいるシュネーケンと古くからつながりがあることが理由ですが、そこまで改革・保守にはこだわっていない面も見られ舞うs。

湖上都市のシュヴァントゥールに住んでいます。
おとぎの物語では、オデットの恋のお相手は「ジークフリート王子」となっています。

果たして、タワプリでもジークフリート王子は出てくるのでしょうか…。

オディール

シュヴァントゥールの名を世界に知らしめている郵便をまとめている、しっかりもののデキるお嬢様です。仕事もデキて美しいキャリアウーマンといったところでしょうか。

白い印象のオデットとは対象的なオディールですが、実はオデットとの幼なじみです。
前が大きく開いたドレスは、シュヴァントゥールの流行なんでしょうかね。

声優は高野麻里佳さんです。

シャルロッテ

見習い郵便配達員のフクロウです。
一応メスです。

オデットにあこがれている可愛いフクロウ、健気に頑張る姿がとっても可愛いです。
彼女もまた、そのうちオデットのように人間に変身するようです。
声優は桑原由気さんです。

エリアス

オディールに対して若干病的なまでに好意を持っています。
白鳥の国だけあって、彼もまた白鳥になることができるのですが、若干性格にクセありです。

薄紫のスーツに青いバラを散らしています。
ビジュアルは華麗なる貴公子を気取っていますが、性格は…かなりイタイところがあります。右目に眼帯をつけていますが、もしかしたらファッションなのかもしれません。

ちなみに、オデットのいとこです。
声優は市来光弘さんです。

湖上都市シュヴァントゥール

オデットやドロシーが暮らしている街です。
世界の郵便はここに集まると言ってもよい、都市です。

ヴィルジナル

ヴォルケンベルグ城という氷の城に住んでいる女王です。右手には氷の結晶の杖、左手では氷のような風を操っています。
彼女があるいた所から氷に変わってしまうのではないかと思えるほどの、冷たい雰囲気と話し方をする女性です。
いにしえの時代から生きている
タワーオブプリンセスの世界では、裏で世界を動かしているのではないかと言われている存在です。
いばら姫の眠りや世界に出てくる魔物も、ヴィルジナルが手にかけていることなのかもしれません。
原作は「アナと雪の女王」で有名となった「雪の女王」です。
CVは大原さやかさんです。

雪の女王について

「雪の女王」は、すこし前の大ヒットディズニー映画「アナと雪の女王」で一躍有名となりましたが、もとはデンマークの作家・アンデルセンの童話です。
ディズニーの「アナと雪の王女」は、実際には原作とは全然ちがうのですよ。

あらすじ

少年「カイ」と少女ゲルタという仲のよい二人の子どもが主人公です。
二人はいつも一緒に遊んでいましたが、悪魔の鏡がカイに刺さったことがキッカケで、カイは雪の女王のもとへ行ってしまいます。
いなくなったカイを探すべく、少女ゲルダは旅にでます。
途中、山賊や魔法使いのおばさん遭いながらもカイを探し出し、感動の涙によってカイに刺さった悪魔の鏡が溶けてハッピーエンドです。

同様のあらすじって、ひとことでまとめてしまうとなかなか味気なかったりします。はしょってある冒険部分が面白かったりするんですよね。

案外、人生もおんなじかもしれません。
一言であらすじにしてしまうと味気ないですが、そこの結論に辿り着くまでに「あーでもないこーでもない」と言いながらの紆余曲折。

失敗したり道草したり、凹むときはたくさなりますが、あとから考えると、案外そのときがあるから、凹凸があるから面白かったりするんですよね。

人の話も、何もない平坦な人生よりもいろいろある人生のほうが「話」としては断然面白いです。当の本人は大変以外の何物でもないですが、、。
と、いろいろ言いつつ、本日も攻略記事書いています。

コメントを残す