終わりのセラフについて

終わりのセラフには、ストーリーが進んでいく上でちいさな伏線がどんどん登場、小出しで解決されていくというカタチがあるかと思います。
このページでは、そんな終わりのセラフの伏線やこれからの予想について考察していきたいと思います。

アニメ主題歌「X.U.」にはどんな意味が!?

アニメの歌詞は英語ですが、どんな意味が込められているのでしょうか。
そもそも、タイトルの「X.U.」ってなんでしょうか。一見「えっくすゆー」と読んでしまいますが、これ、実は「キス・ユー(Kiss you)」って読むのではないかと思っています。

歌詞の訳を見てみると、人間がいなくては生きていけないって、確かな歩みを続ければ自由だと、「君」を助けたい。大空を自由に飛ばせてあげる…。

キス・ユー(X.U.)。
個人的には、なんだか、とても切ない恋の気持ちが綴られているなと思ってしまうのです。

セラフってどういう意味!?

終わりのセラフというタイトルにもありますが、セラフの意味は何なのでしょうか。
セラフというのは、英語で「seraph」、熾天使(してんし)のことをいいます。ちなみに、天使にも9つの位があり、セラフというのはその中でも最高位の天使に位置づけられています。

人類最後の天使という意味なのでしょうか。
終わりのセラフには、この他にも阿修羅丸やミカエラ、仏教やキリスト教など、宗教に出てくることばを、キャラ名にしていることが多いです。
テーマ、けっこう壮大なんですよね…。

吸血鬼と鬼について

終わりのセラフにでてくる鬼、demon。
鬼と契約することで、始めて鬼呪装備が使えるのですが、これがなかなか、考えてみると面白いということがわかります。

血が足りないことから鬼と化してしまうのですが、考えてみれば、これってなかなかおもしろい設定です。

吸血鬼と鬼、漢字をよく見てみてください。
「吸血鬼」から「吸血」を取ると「鬼」だけが残ります。これって、終わりのセラフでいうところの「鬼」の意味の定義ですよね。

全然書ききれていませんが、これから新しい伏線もどんどん出てくると思います。ゆるゆると、追っていきたいと思います。