全バトルに応用できる基本の「3すくみ」を覚えよう/クラロワ無課金攻略

「3すくみ」と書きましたが、クラロワに「属性」はありません。
が、攻撃パターンの特徴によってクラロワのカードは3つに分けることができます。

クラロわカードを勝手に3つの属性に分けてみる

クラッシュロワイヤルに属性はないのですが、その役割や特徴から3つの属性(仮)に分けることができます。

単体系・多数派・広範囲の3つです。
ん??そんな言葉、公式とかで見たこと無いけど…という人も多いかと思います。

もちろんです!
当サイト独自で考えたものなので…。

しかし、カードの相性や対策をするときには、この3つの考えを使えば非常に有利にバトルをすすめることが出来るんです。

単体系タイプ

ナイトやプリンス、ジャイアンといった、明らかな人気キャラクターです。

攻撃力も高く、単体攻撃で右に出るものはいないタイプともいうことができます。一体は持っておきたいカードですよね。

多数派タイプ

数で攻めるタイプ。スケルトン部隊、ゴブリン、アーチャーといった彼らです。

一体ではステータスも攻撃力も弱いです。しかし、烏合の衆も集まればプリンスやジャイアントさえ余裕で倒せるという彼らのころです。

広範囲タイプ

範囲攻撃ですね。
ベビードラゴンやボンバーといった、スケルトンなどがワラワラしている時に一掃できるカードのことです。

クラロワ流・三すくみの関係とは?

・単体系には多数派で対応
・多数派には広範囲で対応
・広範囲には単体系で対応

別の言葉でいうとこうなります。

単体

広範囲に強く・多数派に弱い

多数派

単体系に強く・広範囲に弱い

広範囲

多数派に強く・単体系に弱い

単体での完成度が高い一気突撃タイプは、圧倒的な数には叶いません。
多数派の数で攻めるタイプは、一体では弱いので範囲攻撃で抹殺できます。
広範囲系の攻撃速度は遅めなので、単体で攻めてくる突撃系には叶いません。

キャラクターの実力とコストの関係性からしても、レア度が高ければデッキが強くなるというわけではありません。

3すくみの関係まとめ

それぞれのカードの長所と短所を的確に捉えながら、バトル最中の一瞬で正確な判断をしていくことが勝利への重要な道筋となっていきます。

攻撃力がかなり低くても、カウント数が高いカードもあり、課金すれば良いゲームとはひと味も二味も違います。

大雑把でもいいので、このページに書いたことをイメージでも覚えておけば、バトル中のとっさの一瞬にも役に立ちますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする