汎用性の高いデッキ編成のコツ/クラロワ無課金攻略

クラロワの勝敗を分けると言っても過言ではないのがデッキです。
色々考えると、「む、むずかしい~!!」となることもあるかと思います。

序盤はこう、中盤はこう、アリーナいくつはこう…というような攻略サイトもよくありますが、そんな臨機応変にデッキを変えるのは面倒!もっと、ヴァーっとした大雑把なデッキ編成のコツとかないの?という時には、こんなコツがあります。

とにかくバランスの良さが大事

コストやレア度よりも、性能やキャラの使いこなしがバトル勝利へのカギを握ります。
そこで重要になるのが、デッキのバランスです。

どこかに偏りがあれば、そこを攻め入られてしまいます。
偏りがちな注意点はこれらの事項です。

配置場所を分散しよう

一箇所からドドドーっと攻めるのもアリです。
しかし、これだと範囲攻撃をやられた時に一気に殲滅させられる恐れがあります。

特に、スケルトン系やゴブリン系などの数攻め系だと歯が立ちません。ある程度、場所は分散して攻撃するほうが安全です。

後出しでエリクサー効率を上げよう

こちらのページでも書きましたが、クラロワではエリクサーが非常に重要になります。
やみくもに消費すると命取りです。

相手の状況に合わせて、後出し戦略でいきましょう。
卑怯でも何でおないです。

HPの低いカードは壁役でガード

アーチャーなどのHPの低い遠距離系の前には、建物や壁役を置いてガードしましょう。
ナイトやジャイアントは壁役としても使えます。

同じような機能性のものは入れない

作戦にもよりますが、王道の強さを求めるならば同じ機能は入れないほうが無難です。
デッキは8枚しかありません。

一つの機能だけを数多く持っていたのでは、限られた枚数の中で状況にうまく対応することはできません。

矢の雨とファイアーボールとかだと、

チーン…

という音すら聞こえてきそうです。

バトルの最中の一瞬にも正確な判断力が求められます。

この他、汎用性の高いユニットを投入する

やはり、全体的に空中ユニットは汎用性が高いです。

テスラ、ガーゴイルの群れ、ホグライダー当たりもどのデッキでも役立ちます。こういったオールマイティー系も一つは持っておくと心強いです。

汎用性の高いデッキ編成まとめ

臨機応変が勝利へのカギとなるクラロワ。
それぞれのカードの特徴を見極めながら、たのしんでトロフィーを増やしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする