投稿日:

クラロワ

2016年7月から新しく実装された昨日「大会」。
クラッシュロワイヤルにも、やっと個人戦みたいなものができるようになりました。

クラロワ大会について

ツイッターなどでも「クラロワ大会」というように話題になっていますが、もう大会機能は使っている人もおおいかと思います。

トロフィーを狙って個人戦!

クラロワ大会の最終目的は、やっぱりトロフィーです。
バトルそものものを楽しむということも可能ですが、やっぱり

ランキング上位に入れば宝箱も!

ランキング上位に入り込めば、大会宝箱もゲットできます。
とはいえ、無課金でランキングトップへ躍り出るためにはかなり戦略を練る必要もあるのですが、ラッキーでも目指していきたいところです。

報酬としては、カードが30枚から15000枚もらえます。
15000枚て…という、なにやらスゴすぎる規模になっているのですが、これは参加人数が1000名を超える規模なので、当然といえば当然なのかもしれません。

クラロワ大会の基本ルール

それでは早速、クラロワ大会の基本ルールについて見ていきましょう。

種類は2種類!

クラロワ大会には、クローズドされている限定のものと、誰でも楽しめるオープンなものの2種類があります。

主催者が必要!

大会を行うためには、主催者が大会をつくる必要があります。
飲み会の幹事みたいなものです。

参加は無料!

ただのプレイヤーとして参戦するためなら、エメラルドなどの費用は必要ありません。

主催者はエメラルドが必要!

クラロワ大会、出場するのは無料ですが、開くためにはエメラルドが500必要だったりします。

大会の種類や参加人数、規模によって、必要なエメラルドの数は違ってきます。必要エメラルドは500〜5000までと幅広いです。

エメラルド5000の規模になってくると参加人数も250名と、かなり大きな規模となっていきます。

※エメラルドに困っている場合は、このページの下の方でエメラルド攻略について詳しく書いてある記事リンクをはってあるので、参考にしてみてください。

ただ、主催者特権として、クローズドかオープンなのかは選べます。

1時間〜3日間の開催時間!

開催時間は、このなかで決まっています。

クラロワ大会に参加してみよう!

以上、クラッシュロワイヤルの新実装機能についてババっと書いてみました。

まだ参加したことのない人は、とりあえず誰でも参加できるものを気軽にやってみると要領が分かりますよ。

でも、の大会機能が出たことによってクラッシュロワイヤル内での格差が大きくなりそうな気もします。

ランキング報酬が大きいですからね…。
ただ、あまり深いことは考えずに楽しんでいきましょう。

 

 

コメントを残す