勝率7割のおススメデッキ紹介/シャドウバース

もう少しで12月!

2016年もあと少しですが、来年もシャドウバース熱はサメなさそうです。

シャドウバースはデッキが命なゲーム…ということはしばらくプレイすると何となく分かってくると思います。

shadowverseのロイヤルデッキを紹介します。

勝率7割のおススメデッキ紹介

紹介するシャドウバースのこのデッキは、しっかりプレイングする事が出来ればよく勝てます。

まずはデッキ紹介

まずは、デッキレシピからの紹介です。

・師の教え×3(貴重なドローソース、後1点足らない時用)
・不屈の兵士×3
・歴戦のランサー×3
・渾身の一振り×3(後攻、相手の2/2のフォロワーを除去)
・エンジェルバレッジ×2(エルフ、アグロヴァンプ対策)
・ノーヴィストルーパー×3
・フローラルフェンサー×3
・死の舞踏×1(確定除去、そのままフィニッシュも)
・ロイヤルセイバー・オーレリア×3
・アドバンスブレーダー×3
・セージコマンダー×3
・海底都市王・乙姫×3
・ツバキ×2
・アルビダの号令×3
・フロントガードジェネラル×2

このデッキを使った戦術

次に、実践的な戦術についてです。

初期手札は先攻の際は、2PPのフォロワーとノーヴィストルーパーはキープして置きましょう。

後攻は渾身の一振り、フローラルフェンサーがあれば有利に進められます。

1~4ターン目は1枚ずつカードを使い、展開して行きましょう。

5ターン目、先攻の時に死の舞踏があれば相手の進化したフォロワーを除去するのもいいですし、盤面を取られているようであればオーレリアを出して進化し、厚い壁にするのもいいです。

後攻の場合は、もう一枚フローラルフェンサーを出して盤面を取りに行くのもいいかもしれません。

6ターン目以降には、相手がビショップの場合、テミスの審判を警戒して、乙姫を温存するのもありです。

フロントガードジェネラルは相手の攻撃に最低2回耐えられるので非常に強力なカードです。

デッキ総評

紹介したデッキはほとんどの相手に対応できますが、終盤に強い冥府や超越ウィッチには弱いです。

ただ、ほとんどの試合は7~8ターン目で決着をつけることが出来ています。

シャドウバースの強いデッキ編成で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする