投稿日:

11/18(金)アップデートまとめ/東方異想穴

東方瞑想穴のリリースからおよそ3ヶ月半。

東方異想穴、知る人ぞ知るゲームですよね。

10月末より更新を停止していましたが、ついに18日に大規模アップデートが行われます。

情報が少し先行公開されておりました。

楽しみにしている方も多いと思いますが、自分の視点でまとめていきます。

11/18の東方異想穴アップデートまとめ

エリア9の開放

敵レベル41以上のステージが開放されます。
また、既存の敵が超強化されるクエストも登場予定との事。
詳細は後日発表されるようです。
ユニットを最大限強化しておかなければならないクエストが多発するかもしれません。

10万ダウンロード記念アイテム配布

中身は禁呪の書×20、覚醒の書×5、初心の書×10、プラチナチケット5枚。
ユニット強化、新キャラを手に入れる良い機会です。
特に書類アイテムは超高額のため、このような機会は滅多にありません。
個人運営で10万ダウンロードは素直に感心します。

難易度ノーマル、ハードの敵ステータスを1割減

若干のステータス調整のようです。とは言えルナティックメインのユーザーにはあまり関係ないポイント。

敵ユニットのスキル性能を上方修正

純粋に難易度が上がります。既存のクエストでもやりごたえが増すことになりそうです。

属性エンハンスのスキルを100%まで累積出来るように変更、かつその属性で攻撃した際のみエンハンス解除になるように変更

強化の重ねがけが不可能だった属性エンハンスの修正が入ります。
上手く使えば一撃のダメージを大幅に上昇させる事が可能になります。
後者は様々な属性のスキルを覚えているキャラの為の修正となります。

キャラのスキル調整

その他共通点として、キャラクターのスキル内容の調整もあります。

これに関しては余力があれば別記事で纏めさせて頂こうと思います。
対象キャラが多い上に内容が濃いためです。

投稿日:

エリア6「死をもたらす式神」攻略法/東方異想穴

東方異想穴のエリア6「死をもたらす式神」の攻略法について書いていきます。
※難易度はルナティックとします。

死をもたらす式神は、恐らく東方異想穴エリア6の中でも最難関であろうステージ。

最後に登場するボスのHPは25000を超え、更には攻撃が1001、速度も200と、一体でこちらのパーティに匹敵するスペックを持ちます。

戦い方を解説していきます。

エリア6の最難関ともいえるステージ:死をもたらす式神

具体的なバトルやプレイ方法です。

ボスまでの2つのWaveも気を抜くな!

その前に、ボスまでの2つのWaveも決して油断は出来ません。
速度が速い敵からのデバフと強力なダメージ攻撃、HP吸収を行う敵が登場します。
前哨戦で苦しいようではボスは倒せないため、ユニットの強化からやり直すべきです。

ボス攻略法

ボスの攻撃で最も厄介なのが「完全なる墨染の桜」(威力120全体攻撃、更にSPを30減少)。
3ターンに一度飛んでくるため、TP減少スキル持ちがいないと速度が速い事も相まって延々とSPを削られる事になります。

デバフを掛けるのは定石ではありますが、「天衣無縫の亡霊」(30%の確率で能力減少を防ぐ)も持ち合わせており、デバフ耐性もあります。
幸い減少反転ではないため、スキルが打てる時は積極的に打てるのが救いです。

敵が全て然属性のため、パーティは火属性のみで組み、ゴリ押すという手段も取れます。
特にフランドールは「フォーオブアカインド」+「きゅっとしてドカーン+」+「そして誰もいなくなるか?」で膨大なダメージが叩き出せます。
「フォーオブアカインド」のディレイがやや長いため、道中も使用する際は少し調整が必要になります。”

投稿日:

ユニット「雛」の強さとスキル/東方異想穴

もう11月半ば!
早いですね〜!

今年の冬は個人的には面白いことになりそうです。

2016年は結構くたばっていた時期がかなり多いのですが、
2017年は良い年になれば…なんて、
もう年の瀬みたいなことを言ってみるw

それでは早速、ユニット「雛」を紹介していきます。

雛の評価・使い方

地属性の中では成長率はやや低めですが、それを補って余りあるスキルが魅力的なキャラクター。全キャラを見渡しても数少ないHP回復スキルを持ち、パーティーの支えとなってくれます。

補助スキル「流刑人形」が最大の武器

「味方全体のHPを最大値の10%回復し、さらに能力減少を回復する」という補助系の中でも非常に優秀なスキルを持っています。
おまけにディレイターンが1と、補助スキルの中では最も短いディレイターンとなっており、速度を上げれば短い間隔でスキルを回すことも可能です。

攻撃について

攻撃に関しては「壊されたお守り」が中心となります。
威力250、SP50の単体攻撃で、更に全能力を30%減少させるというおまけ付き。

全能力減少の効果も全キャラの中では数少ない付与効果となりますので、チケットを手に入れたら真っ先に仲間にしても良いかと思われます。

ただし、「能力減少反転」を持つ敵には注意が必要。最悪の場合全能力を上げられてしまう事にもなり得ます。

能力減少反転スキルは雛も習得する事が可能で、補助スキル「秘神流し雛」がそれにあたります。
最大まで強化すると「能力減少反転100%」となり、敵の攻撃で能力が減少するどころか逆に上昇していく事になります。

まとめ

「雛」は、攻撃、デバフへの耐性、更には回復スキル持ちと、全キャラの中でも最強クラスのバランスの取れたキャラといえます。

投稿日:

コネクトバトルを効率よく周回するために/ヴァルコネ

最大3人のプレイヤーで敵を倒していくコネクトバトル。

勝てばアイテムと交換できるコネクトメダルや
フェンリルメダルがもらえます。

ボスに勝てば報酬はより豪華になっていきます。

バトル自体も自動でマッチングしてくれるので、
程よいレベル間のたいせない手になります。

コネクトバトルはヴァルキリーコネクトの楽しみの一つでもあります。

このページでは、そんなコネクトバトルを
効率よく周回する方法を紹介します。

ヴァルコネ・効率よくコネクトバトルを周る方法

コネクトバトルにて討伐時、討伐失敗時にメダルをくれます。

コネクトバトル周回のコツとして他ユーザーから募集されているのに、継続的に入ることが重要になります。

ソウルメダルを効率よくゲットするには?

自分で部屋を立てた際にはソウルメダルというキャラクターのメダルをゲットできることもあるためソウルメダルをゲットしたい場合には自分で立ち上げる必要です。

ただ、その代わり肉を消化してしまうため注意が必要。

難易度が高いほうがソウルメダルに関してはドロップの傾向があるようですが、自分が最終的にバトルに生き残っていない場合にはGETはできません。

自分の実力と照らし合わせてコネクトバトル周回をする必要があります。

コネクトバトル周回時にスキルを使うと自分自身が弱い場合にはフェイトが上がり狙われるリスクも高くなるため寄生の際には基本的にスキルを使わないことをお勧めします。

自分自身が強くなれば自分自身が狙われても生き残れるため使っても問題はありません。

討伐時にくれるメダルに関しても2種類のメダルがありボスのコネクトメダルとそのコネクトのボスのメダルがありボスのメダルに関しては1000枚集めるとソウルメダルと交換できるため時間に余裕のある方はこちらでもいいかもしれません。

しかし装備にもボスのメダルは交換できますので装備に変更したほうがおいおい強くなれる可能性があります。季節によりイベントボスなども出ますのでその際には集中して行うと自分の戦闘力強化にも役立ちます。

コネクトバトル一覧

・ヨルムンガンド降臨
・ヴィゾフニル降臨
・エーギル降臨
・ニーズヘッグ降臨
・フェンリル降臨
・フルングニル降臨
・スルト降臨

投稿日:

エリア8「銀の卵の特産地」の攻略方法/東方異想穴

東方異想穴のエリア8「銀の卵の特産地」の
攻略方法を紹介していきます。

クリア報酬
初クリア報酬はシルバーエッグ5個。

更に、ハードとルナティッククリアでも
シルバーエッグが5個ずつ貰えます。

初プレイでルナティックをクリアすれば
シルバーエッグが15個も手に入る事になります。

ゲットしたクリア報酬は、スキルの強化に使ったり
余るようであればゴールドエッグへと交換してしまいましょう。

攻略のコツを一言で言うと

攻略の際はHP回復が使えるキャラ(雛など)、速度低下が使えるキャラをセットで連れて行くのとほぼ100%クリア出来ます。

なぜコレで攻略できるのか。

このステージだけ登場する「リドルエッグ」という敵が存在するのですが、この敵は「サニーサイドアップ」というHP回復スキル以外は何も使用してきません。

「敵ユニットは通常攻撃を行わない」仕様が存在するため、一切の攻撃行動を取らない事になります。

4体×7セットと数こそ多いですが、半数はこのリドルエッグが登場します。

前列2体は強力な敵のため素早く倒し、リドルエッグ1体を残して「休む」でSPを回復させたり、補助スキルと体力回復スキルを掛けてから、残ったリドルエッグを倒して次WAVEに進むのが基本となります。

唯一マイナス点を挙げるとすれば時間がかかるのと、タイムボーナスによるドロップがやや少なくなる点です。
効率化の世界となりますので、本記事はクリア目的の為の方法を記載するという事にします。

行動パターンさえ守れば誰でもクリア出来ます。シルバーエッグ以外にもドロップは存在するので、アイテムが足りない方にもおすすめです。

投稿日:

東方異想穴/アイテム紹介

ユニットだけではなく、アイテムも多彩な物が出てくる東方異想穴。

これから新アイテムもどんどん出てくると思うのですが、まずは今までに出会った思いつくアイテムをまとめていきます。

モンストなどのように大手ゲーム会社のゲームではないので、期間限定アイテムはなさそうかなと思っています。

早速、それらをまとめて紹介します。

東方異想穴のアイテム

霊酒
ログイン時にログインボーナスとして手に入ります。
1つ使う毎に霊力を100回復します。

スカウトチケット
ユニットを1体仲間に加える事が出来ます。
加わるユニットはランダムとなります。序盤に入手出来るアイテムです。

プラチナチケット
好きなユニットを1体選んで仲間に加えられます。
選択したユニットのスキルを確認したりも出来る便利なアイテムです。
中盤のエリアで主に入手出来ます。

幽玄の霊珠、神秘の霊珠
それぞれレベル上限を解放するアイテムとなります。
幽玄の霊珠はレベル40まで、神秘の霊珠はレベル60までしか解放出来ないため注意が必要です。
アップデートの都合上現在60までしかレベルは上がらないため、今後上位互換のアイテムが実装される事になりそうです。
アイテムドロップでの入手が基本。

ブロンズエッグ、シルバーエッグ、ゴールドエッグ
それぞれスキルレベルを上げるためのアイテムとなります。
ブロンズはレベル3まで、シルバーは3→4、ゴールドは4→5に上げられます。
余った下位のエッグは上位のエッグに交換出来ます。

禁呪の書、覚醒の書
レベル最大となっているスキルをパワーアップさせ、別名スキルに進化させます。
この時スキルレベルは1に戻り、再びエッグ類を使用していかねばならないため注意が必要です。
攻撃、デバフなどは禁呪の書、能力値に補正がかかるものは覚醒の書を使用します。
後半のエリアで入手出来ます。ショップにも高額ではありますが売られています。

初心の書
パワーアップさせていたスキルを元に戻します。
この時、パワーアップスキルに使用していたエッグ類、書類は全て払い戻されます。

上手に利用出来るかはプレイヤーの皆様次第です。
好きなキャラにひたすら注ぎ込んでも面白いと思います。

使い方や攻略方法によって、本当に楽しみ方は色々あります。
正解はないともいえるので、実験しながらプレイしていくといいんじゃないかな?とも思います。

投稿日:

東方異想穴のシステム全般を斬ってみる(現状)

2016年8月上旬リリースの本アプリ
「東方異想穴」のシステム紹介です。

現在はandroid版のみ公開されていますが、
11月下旬にiOS版もリリースされます。

アンドロイドは楽しみにしていた人は
めちゃくちゃ楽しみにしていたと思うのですが、
iPhonの方も今か今かと待ち望んでいる人がいそうです。

まずは、東方異想穴の遊び方やプレイについてです。

東方異想穴

東方異想穴は、上海アリス幻樂団の東方ProjectシリーズをスマホRPGにしたものです。

旧作からはじまり、ほとんどのキャラクターが出てくると予定されている

ゲームシステム紹介

東方異想穴は、最近のゲームにありがちな課金要素が一切無いのが特徴。

霊力(スタミナ)

まずゲームを遊ぶ上で必要な霊力(スタミナ)のシステムから。

本作はよくある「時間経過での回復」ではなく、「デイリーボーナスを受領」する事で回復します。

1日1回のみで回復量は500、同時に霊酒(1個で霊力100回復)を5個、更に累積ログイン日数×1万の銭が貰えます。

戦闘

この時、霊力が最大値を超えて回復する事は無いので気を付けて下さい。

エリア内のステージと難易度、パーティーを選択し、決定すると戦闘が始まります。

キャラアイコンの下に表示されているのは上から順番にHP、SP、CTゲージとなります。

行動はCTゲージが溜まったキャラクターから行い、基本的には通常攻撃もしくはスキルを使って攻撃していきます。

SPが無くなってきたら「休む」コマンドを使用する事で、攻撃は行えませんが10%SPを回復する事が出来ます。

難易度は4つ!

難易度は「イージー」「ノーマル」「ハード」「ルナティック」の4種類あり、右に行くほど難易度が上がります。

ハード以上だと専用の報酬が貰えるため、キャラが育ってきたら積極的に攻略を狙いたいところです。

一度クリアしたステージは霊力を数倍使用する「特訓モード」が使用出来ます。倍率が高くなるほど経験値とドロップアイテムが多くなる仕様です。

因みにステージをリタイアする、もしくはパーティーが全滅しても霊力消費はありません。

個人運営なのがスゴイ!

最後に、運営は個人で行われています。

Twitterアカウントが存在するため、気付いた点や質問などは気軽にリプライで聞く事が可能です。片手間で遊べるゲームとなっています。

是非一度遊んでみては如何でしょうか。

投稿日:

最強キャラはコイツだ!2016年度版/HHバトルオールスターズ

2016年のHHBASはまだまだ人気です!
このままいけば、バトルオールスターズも2周年に入りますね。

2周年記念イベントはどんな内容になるのか…。誰が主役で報酬は何なのか…と気になります。

メルエム《全てを照らす光》☆6

さすがの、王。
筆者ほどのキルア好きを持ってしても、最強キャラの座は王以外にはいないと判断しました。

全てを照らす光

その名前に恥じないステータスとアビリティ。
そしてスキルやSスキルといった数々…。

攻撃7500、スタンHP800、防御力も高く、ほぼ文句の付け所はありません。
天空闘技場で最大レベルのメルエムに出会ったら、しっぽをまいて逃げ出したくなるレベルです。

登場したのが新しいということもありますが、それを抜きに考えても強すぎます。

唯一の弱点はモーションの遅さ

☆6メルエムの欠点を探すのであれば、モーションの遅さです。

今後、これ以上のキャラクターはしばらく出てこないのではとさえ思えてきます。
ただ、ゲームが続く限りはいづれ更新されていくのでしょう。

キルア《疾風迅雷》☆6

個人的にはやはりキルアを一番にしたかったのですが、やはり王には負けるかなと…。

速度の速さは電気並み!?

ウィザードタイプの変化形。
やはり電気レベルの速さのためか、移動などのスピード・テンポよく使えるキャラです。スキルチャージの軽さは☆6の中でもありがたいくらいです。なんか充電器もってるんですかね。

攻撃力も力も2000でスキル連発できる点は、他キャラにはない魅力です。

アビマが効く!

アビリティも最終段階では、発動ポイントが2倍のうえに、全パラメータダウンの無効化です。つ、つおい…!

ただ、アビリティをある程度育てないと、あまりアカ抜けた強さではないと思います。

キャラ画でいえば、明らかトップレベル!

キャラ画のカッコよさでいけば、断トツ一番、他を寄せ付けぬものがあります。遠目に見ると、電気をビリビリ放ちすぎて光のカタマリとしか見えないところもまたよし。

「疾風迅雷」のネーミングセンスも、さすがは冨樫さん…。
そして2016年の連載やいかに…!

以上、とりあえず最強キャラ2016年一発目として照会ました。
ネフェルピトーやらネテロ会長、ゴンとかの☆6系キャラはみんな強いんですけど、(おっと、ヒソカもわすれちゃいけない)全キャラ使っている訳ではないのでちょっと未知数もあり…。

今年も、ハンターハンターの連載開始を願いつつプレイしていきましょー!

投稿日:

テラバトル/バトルシステム

このページでは、テラバトルのバトルシステムについて書いていきます。

”はさみ将棋” のような仕組み

テラバトルでは、戦闘はパズルゲームのようになっています。例えるならば ”はさみ将棋” のようなシステムです。
碁盤の目になっているマス目のなかに、各ユニットが表示されて、”はさみ将棋” やオセロのように、敵を挟んで攻撃していきます。

マス内で敵を挟もう

バトルになると、画面にはマス目が表示、マス目の中にはそれぞれのキャラクターが表示されます。マスで、味方で敵のユニットを挟むと攻撃になります。

連鎖(コンボ)を発生させよう

もちろん、このようなパズルゲームではコンボの発生もあります。
コンボは、挟んだ敵2体の上下左右に味方がいれば発生させることができます。
できるコンボがあれば、そのマス目が光るので、そこで確認することができます。
コンボが発生すると、与えられるダメージが大きくなります。

スキルを発生させよう

スキルは、コンボが発生した時に発動することがあります。

弱点のタイプで攻めよう

ユニットにはJOB(ジョブ)タイプがあり、各JOBタイプには強い弱いの関係があります。敵の弱点のタイプで攻めると、バトルは有利にすすむので、JOBをうまく使いこなすことが
勝敗を分ける鍵となります。

アイテムを使ってみよう

ボーナスアイテムを複数使うことで、より有利にバトルが進められます。

基本的なルール

マス目に表示されているユニットは、背景が白色は味方で、黒色が敵です。
戦闘画面のマス目にいるユニットをタップして、そのまま上下左右にスライドさせれば
移動できます。ただし、敵がいるマス目の上は移動できませんのでご注意ください。

ジョブチェンジをしてみよう

キャラクターにはJOBというモノがありますが、ジョブは、他のジョブスキルを付ければ、カスタマイズすることができます。
※JOB(ジョブ)とは、属性のようなものです。

チームは6人制

テラバトルでは、6人のチーム編成でゲームを進めていきます。
全165種類のキャラクターは、仲間にした「キャラクターリスト」から確認できます。
(他に、「アイテムリスト」「フレンドリスト」というものもあります。)

1つのキャラを動かせるのは4秒間のみ

4秒間の間は、キャラクターを自由に動かせる事ができます。
味方と交差して、位置を替えていきます。

攻撃について

攻撃は、敵を挟んだキャラクターが行います。
ただし、その攻撃するキャラクターと一直線状にいるキャラクターも、同時に攻撃してくれます。そのため、強い攻撃を仕掛けるためには、味方を一直線状に並べて挟み込むと強いです。仕掛け方によっては、敵に全員攻撃を仕掛ける事も可能となっています。

敵は逃げるときもある

バトルでは、攻撃を仕掛けても敵に逃げられてしまうときもあるようです。

バトルは倍速モードも楽しめる

バトルでは、2倍速モードがついているため、時間短縮でプレイしたい場合にも対応しています。坂口氏は「なれてきたら、この方が(倍速モードの方がよい)」とも言われています。

音楽とビジュアルでも楽しめる

バトルでは、爽快感のある音楽と派手な技の演出もバトルを楽しみながらプレイできます。
連鎖攻撃が多く決まった時には、キャラクターのビジュアルと効果音で楽しませてくれます。

アイテム使用でゲームを有利に

テラバトル(TERRA BATTLE)ではバトルでアイテムを使用すれば、バトルをより有利に進めていく事ができます。現時点で分かっているアイテムについて書いていきます。

パワーポイント

パワーポイントはダンジョンでランダムに獲得できるアイテムとなっています。
パワーポイントを使用すれば、一定条件がそろうと、パーティ全員のスキルが100%の確立で発動て、攻撃力が倍程になったりします。

カプセル

カプセルを連鎖する時に使用すれば、防御力を上げることができます。

協力モードと対戦モードの実装

坂口氏は、ダウンロード数が伸びた時にはプレイモードの追加を考えています。
具体的には、「協力モード」と「対戦モード」の開発ということだそうです。
この2つのバトルシステムは現時点ではありますが、開発中だそうです。