アスガルドデッキ・しっかり守って堅実な攻めを!/デュエルエキスマキナ

デュエルエキスマキナのアスガルドは
HPが高いユニットが多くHPを
回復する手段が豊富な勢力です。

中~高コストに攻撃力を上げる
ユニットやスペルがあるので、

序盤は高い耐久力を生かして
相手の攻撃に耐え、中盤以降は
攻撃力を上げて有利な状況に
持っていく戦い方が基本です。

…と言う感じで解説していきます。

アスガルドのガーディアンとその能力

asugarudo

ロキ(ゲーム開始直後から使える)

能力:氷の眼差し 自フィールド1マスを氷河にする。

アスガルドには、氷河によって恩恵を得られるユニットが多いのでとても強力な能力です。
とは言え、全てのフィールドを氷にしてしまったらこの能力は腐ってしまうので、氷河を作りだせるユニットやスペルとのバランスが重要となります。

トール(ストーリーで解放される)

能力:死戦士の召集 永劫戦士エインヘリヤルを召喚する。(永劫戦士エインヘリヤル 攻撃力1/HP1)

いつでもユニットが出せるので、相手の攻撃を防いだり攻撃に使ったりと状況に応じて使い分ける事ができます。

フレイヤ(ストーリーで解放される)

能力:慈愛 ユニット1体かガーディアン1人を1回復する。

ユニットのHPを回復してあげる事でユニットがやられ難くなり、自分の盤面が安定しやすくなります。
自分のライフを回復する事もできるので、ねばり強く戦う事が可能です。

アスガルドのおすすめカード

守護の戦乙女ヘルヴォル

コスト3 攻撃力2/HP2 自ターン開始時、氷河にいる他の全自ユニットのHPを+1する。

氷河を展開するデッキで大活躍するカードです。
このカードの最大の特徴は、HPを回復するのではなく+1する事です。
回復だと元々のHPを超えることはできませんが、+1なのでどんどんHPを増やす事ができるので鉄壁の布陣を作る事ができます。

グングニルの穿通

コスト6 全相手ユニットに2ダメージを与え、氷漬け(次のターン攻撃できない)にする。

相手のユニット全てに2ダメージを与えるだけでも強力なのに、さらに氷漬けにしてしまう強力なスペルです。
逆転要素十分なスペルですが、詰めにも使えるスペルなので状況を見極めて使うようにしましょう。