投稿日:

ニュートラルのカードでデッキを強化しよう/デュエルエキスマキナ

デュエルエクスマキナ(DUELS X MACHINA)の
ニュートラルカードについてです。

ニュートラルカードは、
どの勢力にも属さず、
どの勢力のデッキでも使えます。

ハイスペックカードが多く、
効果的にデッキをパワーアップできます。

ニュートラルカードはこれ!的なもの
ニュートラルカードで、使えるカードを紹介します。

飛兎フライングラビット

furaing

・コスト1
・攻撃力3
・HP1
・自ターン終了時、相手ターン終了時まで、攻撃力を-3する。

コスト1で攻撃力3、超攻撃的なニュートラルカードです。
相手ターン中は攻撃力が0になるのは決定的んあ短所。

デュエルエクスマキナでは序盤から相手にダメージを与えられる速攻系のデッキで採用のため、要注意です。
50メートル走などのリレーで「フライング」なる言葉を昔使いましたが、「序盤から」にかけてのネーミングですよね。

魔蝸牛デーモンスネイル

demonsu

・コスト1
・攻撃力2
・HP2
・破壊時、このマスを地形「酸溜まり」(自ターン終了時、ユニットに1ダメージ)に。

コスト1にしては高い攻撃力とHPを持ちます。
破壊されてると、上部ユニットに1ダメージを与え続ける地形を生み出すのが短所ですが、相当ユニットを展開しない限りはスルーできるデメリットです。

速攻系のデッキ対策になると共に、スタート直後からダメージを与えられる優良ユニットです。
スネイルというのは英語でカタツムリの意味。デーモンは悪とか鬼とかの意味。

商工ギルドの武器屋

shoukougi

・コスト2
・攻撃力1
・HP2
・召喚時、地形「武器露店」(この上にいるユニットの攻撃力を1アップ)を作る。

商工ギルドの武器屋を出すと、そのマスを攻撃力+1の地形にできるので、やられてもこの後のバトルを優位に進めるアシストに。
攻撃力は1ですが地形効果を得て2となり、実質2コストで2/2なのが嬉しいところ。

エルフの妖精使い

elf

・コスト2
・攻撃力1
・HP1
・召喚時1マス前に「ピクシーの従者」(攻撃力2/HP1)を出す。

1枚で2ユニットを使えるうえ、ステータスも合計3/2とハイスペックなエルフの妖精使い。
縦列を一つ埋められるので、攻撃を通したくない相手ユニットの前に置いてしのいだり、スタート直後のダメージ源としても活躍します。

投稿日:

デッキを楽しむ!超強力ユニットやコンボのオススメ/デュエルエキスマキナ

デュエルエキスマキナについての記事を
いくつか書いていきましたが…

今日は、対戦にも慣れデッキを使いこなせてきたら、

毎日ミッションをこなしたりコロシアムでの
ランク上げだけに物足りなさを感じるように…

そんな人に、刺激的なキャラやコンボを紹介します!

最強パワーで一撃K.O!

相手を一撃で倒す程パワーが上がる最強ユニットを紹介します。

死王リッチロード

02_01

・ニュートラル
・コスト7
・攻撃力2/HP2
・召喚時、1マス前の相手ユニットを破壊、この時、攻撃力とHPを+2する。

「死王リッチロード」は、出した時に相手の前衛を一体破壊し、自分の能力によって攻撃力4/HP4になります。それだけだと、相手のユニットの攻撃やスペルなどでやられますが、場に出ているユニットで相手を破壊すれば、ステータスを上げる事ができます。

2体も倒せば8/8、まずやられません。

02_02

「死王リッチロード」を戦闘で倒そうと弱いユニットをぶつけるのは愚策、2以下のダメージを与えても反撃で倒されたらノーダメージで攻撃力を上げてしまうだけです。

複数のユニットに攻撃できる「グングニルの穿通」や「天空神 ゼウス」で敵を薙ぎ払えれば、20以上の攻撃力で一撃で粉砕する事もできちゃいます。

場を一掃して大打撃を与える凶悪コンボ

次に、決まれば超強力なコンボがこちら。

英知神アテナ

02_03

・オリンポス
・コスト4
・攻撃力2/HP2
・前列の全自ユニットは速攻を持つ。

ホムンクルスのマーキュリー

02_04

・ニュートラル
・コスト5
・攻撃力3
・HP2
・攻撃時、「ホムンクルスのマーキュリー」を同じ横列に1体出す。

コンボにはこの2体を使います。
コンボの準備として、先にアテナを場の後列に出し前列の3マスを空けます。
マーキュリーを前列に出すと、アテナの効果で速攻、攻撃します。

02_05

攻撃した事でマーキュリーが横列に出ます。
そのマーキュリーも速攻を得るので攻撃します。

後は、マーキュリーで攻撃→横列に出るを繰り返すだけです。
ラッキーパターンなら、相手ユニットを全て破壊し、さらに9点の追加ダメージ。

横に出す効果がランダムなので、不安定さはありつつも、強力なコンボといえます。

投稿日:

アスガルドデッキ・しっかり守って堅実な攻めを!/デュエルエキスマキナ

デュエルエキスマキナのアスガルドは
HPが高いユニットが多くHPを
回復する手段が豊富な勢力です。

中~高コストに攻撃力を上げる
ユニットやスペルがあるので、

序盤は高い耐久力を生かして
相手の攻撃に耐え、中盤以降は
攻撃力を上げて有利な状況に
持っていく戦い方が基本です。

…と言う感じで解説していきます。

アスガルドのガーディアンとその能力

asugarudo

ロキ(ゲーム開始直後から使える)

能力:氷の眼差し 自フィールド1マスを氷河にする。

アスガルドには、氷河によって恩恵を得られるユニットが多いのでとても強力な能力です。
とは言え、全てのフィールドを氷にしてしまったらこの能力は腐ってしまうので、氷河を作りだせるユニットやスペルとのバランスが重要となります。

トール(ストーリーで解放される)

能力:死戦士の召集 永劫戦士エインヘリヤルを召喚する。(永劫戦士エインヘリヤル 攻撃力1/HP1)

いつでもユニットが出せるので、相手の攻撃を防いだり攻撃に使ったりと状況に応じて使い分ける事ができます。

フレイヤ(ストーリーで解放される)

能力:慈愛 ユニット1体かガーディアン1人を1回復する。

ユニットのHPを回復してあげる事でユニットがやられ難くなり、自分の盤面が安定しやすくなります。
自分のライフを回復する事もできるので、ねばり強く戦う事が可能です。

アスガルドのおすすめカード

守護の戦乙女ヘルヴォル

コスト3 攻撃力2/HP2 自ターン開始時、氷河にいる他の全自ユニットのHPを+1する。

氷河を展開するデッキで大活躍するカードです。
このカードの最大の特徴は、HPを回復するのではなく+1する事です。
回復だと元々のHPを超えることはできませんが、+1なのでどんどんHPを増やす事ができるので鉄壁の布陣を作る事ができます。

グングニルの穿通

コスト6 全相手ユニットに2ダメージを与え、氷漬け(次のターン攻撃できない)にする。

相手のユニット全てに2ダメージを与えるだけでも強力なのに、さらに氷漬けにしてしまう強力なスペルです。
逆転要素十分なスペルですが、詰めにも使えるスペルなので状況を見極めて使うようにしましょう。

投稿日:

マナを増やして一気に攻めるトリニティデッキ/デュエルエキスマキナ

デュエルエキスマキナのトリニティは
マナを増やすのが得意。

バトル開始直後から
高コストカードが出せるのが魅力です。

ダメージを1減らせる「鉄壁」の能力持ちが多く
守りも堅い、
そんなトリニティデッキについてです。

トリニティのガーディアンとその能力

tri

ミカエル(ゲーム開始直後から使える)

能力:信仰の力 自ユニット1体の攻撃力を+1する。

攻撃力アップで倒したり、相手ガーディアンへのダメージを増やしたりと単純でありながら強力な能力です。
鉄壁のユニットに使えば、攻守に優れたユニットを作れます。

ガブリエル(ストーリーで解放される)

能力:施しの心 残りマナを1増やすスペル「聖樹の雫」を手札に加える。

「施しの心」は。2マナを次ターン以降に1マナとして貯蓄する能力です。
貯蓄したマナを一気に開放して、ユニットを複数展開したり、大型ユニットを出現させることも!

ラファエル(ストーリーで解放される)

能力:緑の恩寵 自フィールド1マスを草原にする。

第2回オープンβテスト段階では、草原によって恩恵を得られるカードは2枚で強力でもないので、選ぶ必要はなしと感じます。※今後の修正が入ったら分かりません。
トリニティのおすすめカード

聖堂領の修道女

コスト1 攻撃力0/HP1 自ターン開始時、残りマナを1増やす

ステータスは低いですが能力が強力なユニットです。
1ターン目から出せれば、次から3コストのユニットを出せて、バトル序盤から優位になります。
コストが軽いので、中盤で引いても他カードのついでに使えます。

代理神メタトロン

コスト12 攻撃力4/HP7 自ターン開始時、残りのマナを2増やしカードを2枚引く。

自然に上がる最大マナ10以上の全カード中最高コスト、マナを増やせば限界値を超えられる、トリニティを象徴するカードです。
効果も強く、毎ターンマナを2増やしカードを2枚も引けるので、次々に強いユニットやスペルを繰り出せます。

投稿日:

オリンポスデッキ・速攻で相手を攻め落とす!/デュエルエキスマキナ

デュエルエキスマキナのオリンポスは
相手ガーディアンに直接ダメージを与えたり
攻撃力を上げるカードが豊富。

HPより攻撃力が高く
前列配置で攻撃力が上がるなど
攻撃的なものが揃ってます。

場に出したターンから攻撃できる
「速攻」能力を持つユニットや

速攻を付与するサポートカードもあり
少ないターンでバトルへの勝利を見込めます。

オリンポスのガーディアンとその能力

orinpos

アテナ(ゲーム開始直後から使える)

能力:梟の使役 偵察梟グラウクスを召喚する。(偵察梟グラウクス 攻撃力1/HP1 【速攻】 ターン終了時に破壊される)

相手ユニットを倒したり、ガーディアンへダメージを与えられる便利な能力です。
ユニットを場に出すので、地形効果やスペル、支援効果を受ける事ができますし、場に出る事で効果が発動するユニットとの相性が良いです。

ポセイドン(ストーリーで解放される)

能力:猛る海 自フィールド1マスを海洋にする。
海洋のマスに出すと能力を得るユニットや海洋の数を参照するカードと相性が良いです。

ハデス(ストーリーで解放される)

能力:死角の一撃 ユニット1体かガーディアンに1ダメージ。

相手ユニットを自由に指定しての攻撃を与えられるので、前衛に守られた後衛を排除したり、通常攻撃だけでは倒せない大型ユニットを倒したりと場をコントロールできます。

場に左右される要因がないので、腐らない優秀な能力です。
今流行っている「飛兎 フライングラビット」や「ピクシーの従者」をノーリスクで除去できるのでおすすめです。

オリンポスのおすすめカード

英知神アテナ

コスト4 攻撃力2/HP2 前列の全自ユニットは速攻を持つ

前列ユニットに速攻、相手ライフをごっそり削れる強力なユニットです
ただ、英知神アテナのHPは低く、すぐにやられないように出すタイミングや場所の見極めが重要です。

ギガントマキア

コスト4 ターン終了時まで全ユニットの攻撃力を+3する

オリンポスの速攻性を飛躍的に向上させる超おすすめカードです。
序盤で、「エルフの妖精使い」や「ゴブリンの番長」で場にユニットを展開して、4ターン目にこのカードを使えばすぐに相手を倒もできちゃいます。

投稿日:

ルクソールデッキで相手を弱らせて有利に戦え!/デュエルエキスマキナ

デュエルエキスマキナのルクソールは
相手を弱体化させる能力に特化しています。

優秀なスペルが多く
スペルを使う事で能力を発揮する
ユニットが多数います。

相手のHPを吸い取る「ドレイン」
破壊されると敵ユニットのHPを
1にする「怨念」のあるユニットが特長です。

ルクソールのガーディアンとその能力

rukusoru

イシス(ゲーム開始直後から使える)

能力:妖しき誘惑 ユニット1体の攻撃力を-1する。

相手のユニットの攻撃力を下げる事で、自分へのダメージを減らしたり、同士討ちになってしまうユニットのバトルを一方的に相手ユニットだけ倒せるようにしたりと汎用性が高い能力です。

効果は永続なので、相手ユニットの攻撃力を0にして倒さなければ相手のフィールドを1つロックする事もできます。
マナが余ったらとりあえず使いもできる優秀な能力です。

オシリス(ストーリーで解放される)

能力:砂の泉 自フィールド1マスを砂漠にする。

第2回オープンβテスト現在では、砂漠によって恩恵を得られるカード少なく砂漠を展開する優秀なユニットが居る為、このガーディアンを使う利点はあまり無いです。

アヌビス(ストーリーで解放される)

能力:魂呼び 自ガーディアンに2ダメージを与えて、カードを1枚引く。

カードゲームにおいて手札の枚数は重要です。
いつでも手札を増やせるこの能力はとても強力で、特定のカード同士のコンボが狙いやすくなったり、切り札を引ける確率アップも可能です。

ただ、自ガーディアンが2ダメージを受けてるリスクがあり、使いどころを選ぶ能力でもあります。

ルクソールのおすすめカード

レシェフの疫病

コスト4 全相手ユニットの攻撃力とHPを-1する

相手のユニットすべてを弱体化させる事ができる強力なスペルカードです。
特に、HPの低いユニットを展開する速攻系のデッキが相手だと「レシェフの疫病」1枚で相手のユニットを全滅させる事ができます。

セクメトの殺戮

コスト6 全ユニットのHPを-4する

場の全てのユニットに影響を及ぼすカードです。
大量にユニットを展開されてしまったり、強いユニットを複数出されてた時など、不利な状況を一旦リセットできます。

有利な状況では使えないカードですが、相手が強力で逆転を図ろうとしてもリセットできるので、「セクメトの殺戮」が手札にあれば強気に攻めれます。

投稿日:

デュエルエクスマキナ攻略/最強デッキの組み方考察

デュエルエクスマキナは
DeNAからリリースされている
新感覚トレーディングカードゲームです。

縦2マス、横3マスのバトルフィールドに
自由にカードを配置して戦う
戦略性の高いゲームとなっています。

いまは事前登録中ですが
テストの時からプレイしていたので
攻略記事を書いていきます。

デュエルエクスマキナ攻略!

ストーリー

突如、異世界「デュナミス」に導かれた主人公。
その世界は、神々が争う混乱した世界。
主人公は、案内人である「マキナ」にこの世界を救う事を告げられます。
「マナ」の力と「カード」を操る力を駆使し、主人公は世界を救う冒険へと旅立ちます。

3つのバトルで楽しめる

デュエルエクスマキナには3つのバトルモードがあります。

ストーリーバトル

CPUと対戦するモードで、デュエルエクスマキナのストーリーを楽しむ事ができます。
こちらのモードを進める事で、このゲームのやり方を学ぶ事ができ、使えるガーディアンが増え、報酬でカードやカード手に入れるためのアイテムがもらえます。
まずは、このストーリーモードから進めるのがおすすめです。

コロシアムバトル

こちらのモードは、オンラインで他のプレーヤーと対戦する事ができます。
「ランクマッチ」では、勝つ事でランクポイントがもらえ、一定数貯めるとランクが上がります。
「イベントマッチ」は、期間限定で行われます。ランクマッチのランクによって参加するリーグが変わり、順位によって報酬が変化します。

カジュアルバトル

「フリーマッチ」は、オンラインで他のプレーヤーと対戦できますが、ランクポイントのやり取りが無いので気軽にバトルを楽しむ事ができます。
「プライベートマッチ」は、友達など特定のプレイヤーとバトルする事ができます。ランクポイントのやり取りはありません。

バトルのルール

バトルは、お互い30枚のデッキを使い、交互にターンを行って相手のライフ20点を先に0にした方の勝ちです。
先行後攻はランダムに決定され、手札は先行が3枚、後攻が4枚でスタートします。最初の手札が気に入らなければ1度だけいらないカードを指定して引き直す事ができます。

カードを使う為に必要な「マナ」は毎ターン1づつ増えていき、消費したマナは自分のターンが来ると全回復します。マナは最初1からスタートし最大10まで増えます。

ユニットは、自分の正面にある相手フィールドを攻撃でき、正面以外は基本的に攻撃できません。前列と後列があり、前列に配置したユニットから相手ユニットの攻撃を受けます。

ユニットが攻撃した時、正面に相手ユニットが居なかったらそのユニットの攻撃力分相手ライフを減らす事ができます。いかにして相手のユニットを掻い潜り、ライフを削れるかがバトルのカギとなります。

デッキ

デッキは、指定した勢力のカードとどのデッキにも入れられるニュートラルのカードを組み合わせて30枚で構成します。
同じカードは2枚までデッキに入れる事ができます。

デッキ作りの手順

1.「オリンポス」「アスガルド」「トリニティ」「ルクソール」「イズモ」の5つの勢力から好きな勢力を選択します。

2.ガーディアンを選択します。ガーディアンは各勢力に3人おり、バトル中にいつでも使える能力が異なります。
ガーディアンによって同じ勢力でもデッキ構成が変わるので、ガーディアンの選択は重要でありこのゲームの醍醐味の一つでもあります。

3.好きなカードを選択して30枚のデッキを作ります。
ゲーム開始直後から各勢力のカードを30枚持っているので、始めたばかりでも好きな勢力でバトルする事ができます。
デッキ作りが苦手な方でも、自動でデッキを組んでくれる機能があるので安心です。

カードの入手方法

カードは、基本的に「カード召喚」で手に入れます。
カード召喚には、「デイリー召喚」「スタンダード召喚」「ピックアップ召喚」の3種類があります。

デイリー召喚

デイリー召喚は、1日3回(8時間に1回)無料でカードを入手する事ができます。
1回で1枚カードを入手でき、レアカードも出る事があります。

スタンダード召喚

ミッションなどで入手したチケットやマナコイン、課金する事で手に入るジェムを使用してカードを入手する事ができます。
1回で5枚カードを入手でき、最高レアのレジェンドレアが出る可能性があります。

ピックアップ召喚

特定のカードがピックアップされ、そのカードの入手率がスタンダード召喚よりも高く設定されています。
期間限定で、スタンダード召喚と同じくチケットやマナコイン、ジェムでカードを入手する事ができます。

イベント

イベントマッチやCPUと対戦するイベントが頻繁にあります。
プレイする事でもらえる報酬が良く、イベントの為に専用のデッキを考えたりと常に新しい刺激を得る事ができます。

投稿日:

ついにドロシーウィッチとOTKエルフが弱体化!シャドバ攻略

2月27日にアップデートが行われました。
メインストーリーや便利な機能など色々と追加されました。

その中でも、やはり1番注目を集めているのは
カードの能力変更ではないでしょうか?

今回は、最新のアップデートで能力が変更された
カードについて、すこし詳しく考えてみたいと思います。

2017年2月27日のアップデート

アップデート

背景暗くて見にくいかもですが、これが今回のシャドウバースのアップデート内容ですね。

カードの能力変更(弱体化)されたカード

それでは、個別に詳しくみていきたいと思います。

スペル ルーンの貫き

ルーンの貫き

相手のフォロワーと相手プレイヤーに2ダメージを与えられるスペルです。
フォロワーを除去しつつ相手にダメージを与える事で、優位な状態を維持したり不利な状況をひっくり返すことができる強力なカードでした。

主に、ドロシーウィッチで使われ猛威を振るっていたカードです。
ウィッチクラスの使用率が全体の約3割ととても多く、ドロシーウィッチだけでなく様々なデッキで採用されているこのカードが弱体化されました。

ニュートラルフォロワー ミニゴブリンメイジ

ミニゴブリンメイジ
デッキからコスト2のフォロワーをランダムで1枚手札に加えられるフォロワーです。
デッキに入れるコスト2フォロワーを1枚に絞る事で、確定で欲しいフォロワーを引ける優秀なカードです。

ニュートラルのカードなので様々なデッキで採用されているカードですが、最も活躍していたのがOTKエルフです。
OTKエルフはとても強いデッキで、公式の統計では勝率がずば抜けて高かったようです。
そのため、確定ドローとコンボを担うこのカードが弱体化されました。

個人的な感想

 

ドロシーウィッチについては、あまりにも強く使用率も高かったので正直今回の弱体化はうれしいです。
ですが、前回強かった超越ウィッチがまた増えるんじゃないかと心配しています。

TKエルフについては、ミニゴブリンメイジではなくリノセウスを弱体化して欲しかったです。
ミニゴブリンメイジは、他のデッキでも使われているのでこのデッキだけではなく他のデッキまで弱体化してしまうからです。
また、リノセウスはOTKエルフが流行る前から弱体化を希望する声があり、私も弱体化を望んでいます。

アップデート後のランクマッチ

ランクマッチ

アップデート後のランクマッチで、今の環境がどうなっているのか実際に体験してみました。
ちなみに、私のランクはAA2です。

35戦内訳
ネフティスネクロ   5回
アグロロイヤル    5回
アグロヴァンプ    5回
ランプドラゴン    4回
超越ウィッチ     3回
コントロールネクロ  3回
ドロシーウィッチ   2回
エイラセラフ     2回
陽光サタン      1回
コントロールヴァンプ 1回
アミュレットビショ  1回
土ウィッチ      1回
疾走ビショップ    1回
白銀エルフ      1回

アップデート前と比べて圧倒的にドロシーウィッチが減ったような気がします。
それどころか、OTKエルフは1度も当たらなかったです。
今回の弱体化の影響はかなり大きいみたいですね。

以上!
2月27日のシャドウバースアップデート内容でした!