投稿日:

βテストで弱体化されたカードをチェック!/デュエルエクスマキナ

正式リリースがされてしばらく経ったデュエルエクスマキナ。皆さんはどんなデッキを使っているのでしょうか?

βテストをプレイされた方は、どのカードが強いか知っており使うデッキも決まっているのでスムーズにゲームを開始できたと思います。

ですが、一部のカードは能力の変更がされており弱体化されています。弱体化の対象となったカードはどれもβテストで猛威を振るった速攻系のカードです。

これから、それらの弱体化されたカードを紹介しますので一緒に確認していきましょう!

βテストで弱体化されたカード/デュエルエクスマキナ

飛兎 フライングラビット

飛兎 フライングラビット

変更前:コスト1 攻撃力3/HP1 自ターン終了時、相手ターン終了時まで、攻撃力を-3する。

変更後:コスト2 攻撃力1/HP1 速攻 時ターン開始時、手札に戻る。

変更前は、相手のターン中は攻撃力が無くなってしまうデメリットがありますが、コスト1で攻撃力3と非常に高く先攻1ターン目で出せればかなり有利でした。

攻撃力3は序盤に出せるユニットならほぼ突破できるので、味方の攻撃を通すのに使うなど非常に強力なカードでした。

変更後は、コストが2となってしまい攻撃力が1になってしまいました。
速攻がついたとはいえ、毎ターン手札に戻ってしまうので出す度にコストがかかりとても使いにくくなりました。

商工ギルドの武器屋

商工ギルドの武器屋

変更前:コスト2 攻撃力1/HP2 召喚時、地形「武器露店」(この上にいるユニットの攻撃力を+1する)を作る。

変更後:コスト2 攻撃力2/HP1 召喚時、数打物のダガー(コスト1 自ユニットの攻撃力を+1する)を1枚手札に加える。

変更前は、1度出せば永続的に味方の攻撃力を上げてくれる地形を作れるので、序盤から終盤まで影響力のあるカードでどのデッキでも採用されていました。

攻撃力は1ですが、このユニットの下に「武器露店」を作るので実質攻撃力2として使えるのもポイントが高かったです。

変更後は、味方の攻撃力を1上げるスペル「数打物のダガー」を手札に加えるだけに変更されました。
コスト1を払わなければならず、1体だけなのでかなり弱体化されたと言えるでしょう。

エルフの妖精使い

エルフの妖精使い

変更前:コスト2 攻撃力1/HP1 召喚時1マス前に「ピクシーの従者」(攻撃力2/HP2)を出す。

変更後:コスト2 攻撃力2/HP1 召喚時「ピクシーの従者」(コスト1 攻撃力1/HP1)をデッキ外から1枚手札に加える。

変更前は、コスト2で合計3/2の高ステータスでユニットを2体一気に展開できる超強力な能力でした。

2体ユニットを出す効果はモンスターが場に出た時の効果と相性が良く、攻撃・防御どちらでも使えるので、このカードも採用率が非常に高かったです。
変更された後は攻撃力が2になり、代わりに「ピクシーの従者」の攻撃力が1になりました。

それだけならよかったのですが、手札に加えるのでコストが別に掛かり展開力が落ちてしまい現在は採用率が低くなっています。

コメントを残す