投稿日:

デイリーミッション記/シャドバ攻略

本日2月21日のデイリーミッションは…

・バトルで5勝する(ランクマッチ、フリーマッチ、2Pick)

・ドラゴンかネクロマンサーで4勝する(ランクマッチ、フリーマッチ、2Pick)

・ウィッチで1勝する(ランクマッチ、フリーマッチ、2Pick)→ネクロマンサーかヴァンパイアで3勝する(ランクマッチ、フリーマッチ、2Pick)

でした。

デイリーミッションプレイ記

ウィッチのデッキは持っていないので変更しました。
効率良く消化する為に、まずはネクロマンサーでランクマッチを4勝するの事にしました。

2月21日ミッション

手札に来るモルディカイ

前日に引き続きネフティスデッキで挑戦しました。

1戦目 ドロシーウィッチ   〇
2戦目 ドロシーウィッチ   ×
3戦目 コントロールヴァンプ ×
4戦目 ドロシーウィッチ   ×
5戦目 アグロロイヤル    〇
6戦目 超越ウィッチ     〇

私のネフティスデッキは、モルディカイを確定で出せるようなデッキ構成にしています。
また、モルディカイがデッキに1枚だと引いてしまった時にネフティスの効果が半減してしまうので、1枚は手札に来ても良いようにモルディカイを2枚デッキに入れています。
しかし、今回はやたらとモルディカイが手札に来てしまい相手関係なく苦戦しました。

ネクロで4勝完了

とりあえずネフティスデッキで3勝はしたので、気分転換に蝿の王を主軸としたコントロールネクロデッキを使ってみました。

1戦目 コントロールロイヤル ×
2戦目 コントロールロイヤル 〇

コントロールロイヤルとの連戦でした。
1戦目は、展開してくるフォロワーを対処しきれず最後はアルベールの2回攻撃で負けました。
2戦目は、腐の嵐が刺さりあっさりと勝つことが出来ました。

ミッション終了

残すは後1勝のみです。
コントロール系デッキを使ったので体力が限界に来ていた為、特に考える事もなくさっさと試合が終わるアグロヴァンプを使いました。

1戦目 超越ウィッチ  ×
2戦目 アグロヴァンプ 〇

1戦目の超越ウィッチには有利なので、勝ったと思っていたのですが相手の引きが強く綺麗にフォロワーを除去されて何もできずに負けました。
2戦目のミラーマッチは、先攻をとれたので有利に試合を運ぶ事ができました。
本日のミッションはこれで終了です。
最近ネフティスデッキの調子がイマイチなので、デッキを改良しようと思っています。

今日の戦績

今日の戦績は、10戦5勝5敗です。
やはりウィッチクラスとの試合が多いですね。
27日のアップデートで、どのくらいウィッチの使用率が減るのか気になるところです。

投稿日:

リセマラするならこのカードを狙え/シャドバ攻略

シャドバも他のゲームに漏れず
リセマラを行う事で有利なスタートが可能となります。

シャドウバースも例外では無く
強カードを初期段階でゲットするのはオススメです。

しかし、どれが当たりのカードかは
プレイしてみないと分からないですよね。

各クラス別に当たりカードを紹介しちゃいます。
是非、リセマラの参考にどうぞ!

シャドバのリセマラおすすめはコレ!

エルフ

エンシェントエルフ

01

現在、エルフデッキでこのカード不使用のデッキは無い程汎用性に優れたカードです。
高いステータスなうえ、場のカードを戻せる効果がエルフデッキとマッチ、今後もエンシェントエルフが入らないという事は現状考えられません。

ロイヤル

レヴィオンセイバー・アルベール

優秀なステータスと疾走を持ち。
エンハンス能力で、後半も活躍できるこレヴィオンセイバー・アルベールは、現在採用しないデッキは存在しません。

ウィッチ
次元の魔女・ドロシー

ドロシーデッキと言うドロシーがメインのデッキが強く、デッキの要となるカードです。
どのデッキにも採用という訳にはいかず、ドロシーデッキを作りたい方用です。

マーリン

超越デッキと言う最強クラスのデッキで採用されているカードです。
こちらも、どのデッキにも採用されている訳では無く超越デッキを作りたい方用です。
ウィッチは使うデッキによって必要なカードが異なるので、ウィッチかマーリンの二つからどちらかを選ぶ事に。

ドラゴン
ダークドラグーン・フォルテ

ドラゴンのダメージソースを担うカードです。
ほとんどのデッキで採用されており、ドラゴンを使いたいなら持っていて損はないカードです。

ネクロマンサー
ケルベロス

速攻系からコントロールまでどのデッキでも活躍する優秀なカードです。
ケルベロスを出せば、相手はいつも出された事を意識したプレイングを強要されます。

ヴァンパイア
クイーンヴァンパイア

守護を持ったフォロワーを2体も出せる防御寄りなカード。
使用できるデッキは限られるが、現在話題のデッキに効果的なカードです。

ビショップ
封じられし熾天使

条件を満たす事で、どんな状況だろうと勝利できる最強カード。
現在は、「封じられし熾天使」で勝利する事を目的としたデッキが流行り、ビショップなら持っておきたいカードです。

ニュートラル
ルシフェル

HP回復と相手に直接ダメージを与える効果を持つ攻防一体のカード。
じっくり戦うコントロールデッキで採用されやすいカードだが、始めたばかりのカードが少ない時に、とりあえずで使えて便利です。

狙っているカードが出るまでリセマラは面倒作業ですが、出た時の喜びがあり、スタートもスムーズに始められるので頑張りましょう!

投稿日:

勝率7割のおススメデッキ紹介/シャドウバース

もう少しで12月!

2016年もあと少しですが、来年もシャドウバース熱はサメなさそうです。

シャドウバースはデッキが命なゲーム…ということはしばらくプレイすると何となく分かってくると思います。

shadowverseのロイヤルデッキを紹介します。

勝率7割のおススメデッキ紹介

紹介するシャドウバースのこのデッキは、しっかりプレイングする事が出来ればよく勝てます。

まずはデッキ紹介

まずは、デッキレシピからの紹介です。

・師の教え×3(貴重なドローソース、後1点足らない時用)
・不屈の兵士×3
・歴戦のランサー×3
・渾身の一振り×3(後攻、相手の2/2のフォロワーを除去)
・エンジェルバレッジ×2(エルフ、アグロヴァンプ対策)
・ノーヴィストルーパー×3
・フローラルフェンサー×3
・死の舞踏×1(確定除去、そのままフィニッシュも)
・ロイヤルセイバー・オーレリア×3
・アドバンスブレーダー×3
・セージコマンダー×3
・海底都市王・乙姫×3
・ツバキ×2
・アルビダの号令×3
・フロントガードジェネラル×2

このデッキを使った戦術

次に、実践的な戦術についてです。

初期手札は先攻の際は、2PPのフォロワーとノーヴィストルーパーはキープして置きましょう。

後攻は渾身の一振り、フローラルフェンサーがあれば有利に進められます。

1~4ターン目は1枚ずつカードを使い、展開して行きましょう。

5ターン目、先攻の時に死の舞踏があれば相手の進化したフォロワーを除去するのもいいですし、盤面を取られているようであればオーレリアを出して進化し、厚い壁にするのもいいです。

後攻の場合は、もう一枚フローラルフェンサーを出して盤面を取りに行くのもいいかもしれません。

6ターン目以降には、相手がビショップの場合、テミスの審判を警戒して、乙姫を温存するのもありです。

フロントガードジェネラルは相手の攻撃に最低2回耐えられるので非常に強力なカードです。

デッキ総評

紹介したデッキはほとんどの相手に対応できますが、終盤に強い冥府や超越ウィッチには弱いです。

ただ、ほとんどの試合は7~8ターン目で決着をつけることが出来ています。

シャドウバースの強いデッキ編成で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

投稿日:

ビショップを徹底攻略!最近の動向と/シャドウバース

リリースされてから、衰えることのない人気のシャドウバース。

今日は、ビショップについてしっかり書き込んで行きたいと思います。

最初にビショップというリーダーの特徴を説明します。

ビショップの特徴

ビショップの特徴は、主に3つあります。

1、カウントダウン
2、強力な除去カード
3、回復できるリーダー

1、カウントダウン

一つ目は、カウントダウンというアミュレットです。

効果が大きい代わりに発動するまでのタイムラグがあるというものです。
今回追加されたダークネスエボルヴという拡張パックで追加された「獣姫の呼び声」というアミュレットはその筆頭といえます。

このカウントダウンを加速させる効果を持ったカードも存在しており、相手の展開と自分の展開を調整するといったこともできます。

2、強力な除去カード

二つ目は、強力な除去カードです。
ビショップは相手のフォロワーのヘルスに関係しない全体除去である「テミスの神判」をもつ唯一のリーダーです。

ラストワードを発動させない消滅という効果を持つ「漆黒の法典」、「鉄槌の僧侶」というカードも存在しているため、非常に優秀であるといえます。

3、強力な除去カード

三つ目に、豊富な回復手段を持つリーダーであることです。

このゲームにおける回復は非常に重要です。なぜなら持っているライフが少ないからです。持っているライフが少ないゆえにバーンダメージ(直接ダメージ)のみでライフが削り切られることもままあります。

そこを補える回復手段を持つのがビショップです。

「大修道女」、「僧侶の聖水」、「レディアンスエンジェル」という優秀なカードを持っています。
また現在、「エイラの祈祷」と呼ばれる自分のリーダーが回復するたび場のフォロワーを強化するという強力なカードも実装されています。

以上がビショップの特徴になります。

最近流行りのエイラビショップについて

中でも、最近流行っているのがエイラビショップ。

どんなデッキかと言うと「エイラの祈祷」というゴールドカードのコスト3のアミュレットで仲間を強化し、一気に高ダメージを叩きつける、というもの。

ちょっとロイヤルぽいですよね。
しかし「エイラの祈祷」は自分のリーダーを回復する度に仲間を+1+1します。

つまり「エイラの祈祷」と回復ができるモンスターをひたすら入れればそれだけでかなり強いです。

「エイラの祈祷」はゴールドカードなので生成も低コストで済みますし回復カードのほとんどが銀、銅カードなのでこれまた低コスト!

あとは回復持ちのルシフェル。強いカードですし回復もできますから是非とも入れたいですが…
レジェンドカードなのでどうしてもエーテルが足らない場合は無くしてしまってもいいと思います。

大体コストは13000程ではないでしょうか。
これなら初心者でも作りやすく、尚且つひたすら回復するのでなかなか死にませんね。

しかしエイラビショップの天敵は…

残り体力などに関係なくバトルを強制的に終わらせてしまうセラフビショップ…
こちらのデッキでは多く守護を組み込んでいる事が多い為、高火力で攻めても守護持ちに妨害される事が多いです。

最短9ターン目でバトルを強制的に終わらせられてしまうので、相手がビショップだった場合は相手のリーダーに集中攻撃する事をお勧めします。

新パック追加で、ビショップにも新戦法が!

新パックでさらに遊びの幅が広がったShadowverse
Shadowverseについに待望の新パック、Darkness Evolvedが追加されました。

この追加パックによってShadowverseの遊びの幅はさらに広がりました。

すでに強いと言われていたロイヤルやネクロマンサーには少しの強化を、使いづらいと言われていたビショップやヴァンパイアには大幅な強化カードが追加されて各リーダー間のバランスは更に良くなったと思います。

すでに強かったエルフをさらに強化したという点もありますが、これも冥府エルフを強化するわけでなく、テンポエルフという新しいデッキタイプが増える強化なので面白いと思います。

ビショップに新戦法が追加!

特にビショップの封じられし熾天使は陽光サタンを使うくらいしか戦法がなかったビショップに新しい戦い方が増えました。

使えないと言われていたカウントダウンカードに目が当てられる要因になった面白いカードです。

他にもガルラを軸にした疾走ガルラビショップや回復するほど強くなっているエイラビショップなど本当に色々なデッキが開発されています。

各リーダーに一つくらいしか強いと言われるデッキがなかったのがShadowverseの欠点だと思っていたのでその欠点を補ういい追加パックでした。

色々なカードを使って試行錯誤をしながらデッキを作り上げていくのがカードゲームの醍醐味ですよね。

投稿日:

シャドウバースは「観る」ゲームである!?

「シャドウバース」は戦略性が高いバトルシステムやカードの種類の多さが魅力的な、とてもおもしろいゲームです。

(さんざん攻略記事も書いておきながら…)

「シャドウバース」は遊んで楽しむゲームではない。観て楽しむゲームなのだ、と。

攻略方法もさることながら、今日はそんなシャドバの「ビジュアル要素の強さ」について書いてみたいと思います。(攻略系の記事ではないです。)

シャドウバースは「観る」ゲームである!?

ビジュアルのクオリティ

まず、カードの絵のクオリティがめちゃくちゃ高い
シャドウバースに登場するカードの種類は多く、かっこいい系も可愛い系もいる。
大人っぽい雰囲気がいれば、ふざけた感じのキャラもいます。

そのうえ、全ての絵がめちゃくちゃ綺麗で迫力があります。
カードの種類の多さでこの絵のクオリティの無料アプリはあまりないのでは。

バトルステージのギミックやエフェクトについて。

バトルステージは森や火山、屋敷などいくつかあり、その全てにギミックが仕組まれているのだ。

例えば、屋敷ステージには大時計。
その大時計をタッチすると「ボーン」と音が鳴り、「トタトタトタ」と、姿は見えない何者かの足跡が出現します。

他にも、森では蝶が出てきたり、火山では岩が砕けたりする。
このギミックだけでも、かなり楽しめます。

エフェクトも迫力があり、盛り上げてくれること請け合い。
レアカードを使った時、そのカードに対応したエフェクトが発生、「古き森の白狼」というカードを使った時、光球が出現し光の波動を発するのだ。

これがめちゃくちゃカッコイイ。
シャドウバースは「観る」ゲームということがお分かりいただけただろうか。

シャドウバースについて

最後に、いちおうシャドバの紹介を。

Shadowverse(以下、シャドウバース)とは、カードゲームのアプリです。
カードバトルといっても、単にカードを置くだけではなく、そのカードに合ったエフェクトや動きなどがあり、より楽しめる工夫がされています。
シャドウバースには、7人の主人公を選択でき、その主人公によって戦い方やアクション、使えるカードが違ってきます。

自分で作ったデッキで、対戦相手を倒したときは爽快です。
オンライン対戦・ソロプレイ・CPU対戦などもあり、自分に合ったプレイもできます。特にオンライン対戦はマッチングも早く、快適にプレイできます。オンライン対戦でマッチングの速さはこのシャドウバースと強みだと思います。

7人の主人公の戦い方やデッキ構成などを考えることができるので、自由度も非常に高いと思います。また、ランクがありビギナーから始まりAAランク帯まであるのですが、マッチング相手は自分のランクの前後辺りなので、いきなり強い人と対戦してしまう心配はなく、その点もシャドウバースの良心的な部分だと思います。

勝ち数が多いとランキングにも乗ることもできるので、頑張れば頑張るほど実力が出るカードゲームだと思います。
私が使っているのはドラゴンのフェイスドラゴンデッキですが、ランクはAAランク帯まで上がることができたので、フェイスドラゴンデッキが一番おすすめです。