投稿日:

烈火の軍狼の注目カードはコレ!デュエルエクスマキナ

デュエルエクスマキナの新カードパック「烈火の軍狼」のカードを皆さんはもう使ってみましたか?

今回の烈火の軍狼は、今までになかった能力を持ったカードが多数収録されました。

どのカードを使うか迷っている方は結構いらっしゃるかと思います。

そこで今回は、烈火の軍狼の注目カードを紹介したいと思います。
是非、今回紹介したカードをデッキに採用してみて下さいね。

烈火の軍狼の注目カードはコレ!デュエルエクスマキナ

激情の戦乙女 カーラ

激情の戦乙女 カーラ

勢力:アスガルド
レアリティ:エピックレア
コスト:4
ステータス:2/3

召喚時に、前に居る相手ユニットとダメージを与えあう能力が非常に使いやすいです。
疑似できなバーンスペル感覚で使う事ができ、召喚時能力後に生き残る事ができればかなり有利な状況に持ち込めます。
ステータスは少し低いですが、氷河地形に出す事で攻撃力とHPが1ずつ上がるとコストに見合うステータスになります。

美将 巴御前

美将 巴御前

勢力:イズモ
レアリティ:エピックレア
コスト:2
ステータス:3/1

2コストで場所に関係なく攻撃力3あり、デメリットも無い使いやすい攻撃型ユニットです。
自ユニットを出すと自ら横マスに移動するため、上手く使えば敵ユニットをかわしながら攻撃を当てていけます。
さらに、相手ガーディアンを攻撃するとランダムな相手ユニットに1ダメージを与えられるので、相手のユニットを倒しやすくできます。

オイルの散布

オイルの散布

勢力:ニュートラル
レアリティ:コモン

オイル溜まりと言う特殊地形を作り出すスペル。
オイル溜まりは、ターン開始時に上に居るユニットに1ダメージを与えて横に移動させます。
相手の基本地形を破壊でき、継続的にダメージを与えてくれるので非常に使い勝手のいいスペルです。

狩蜘蛛 キラースパイダー

狩蜘蛛 キラースパイダー

勢力:ニュートラル
レアリティ:レア
コスト:3
ステータス:4/2

低コストで高い攻撃力を持つ速攻寄りのユニット。
破壊されてしまうと相手に「ピクシーの癒し手」を与えてしまうため、正面に出てきた相手ユニットをうまく処理する事が重要です。
攻撃力が高いので素早い処理を相手に強いる事ができ、相手に負担をかけさせることができます。

投稿日:

烈火の軍狼のレジェンダリーカードの使い方考察!

2017年4月30日に追加された新カード「烈火の軍狼」。

皆さんはもう全てのカードをチェックされましたでしょうか?

今回は「烈火の軍狼」で追加された各勢力のレジェンダリーカードを紹介していきます。

烈火の軍狼」のレジェンダリーカードをチェック

2017年4月30日に追加された新カード「烈火の軍狼」。

軍狼神 アレース

軍狼神 アレース

ステータス

勢力:オリンポス
コスト:6
攻撃力:4
ライフ:2

能力

前列に居る時、速攻を持つ。
召喚時、ターン終了時まで、戦闘ではHPを1残して耐える。
攻撃時、他の前列の全自ユニットのATKを+1する。

考察

速攻持ちで、味方全体を永続的にパワーアップさせることができる非常に強力なユニットです。
速攻やバーンによるデッキのフィニッシャーになるでしょう。
召喚時はどんな攻撃もHP1で耐えるので、相手の厄介なユニットも一方的に倒す事ができるので、コントロール寄りのデッキでも活躍できます。
どんなデッキでも活躍できるポテンシャルがあるので、当たった際は取っておいた方が良さそうですね。

破壊神 セト

破壊神 セト

ステータス

勢力:ルクソール
コスト:6
攻撃力:2
ライフ:5

能力

召喚時、ランダムな相手ユニット1体に自フィールドの砂漠の数だけダメージを与える。
他のユニットが破壊された時、両ガーディアンに1ダメージを与える。

考察

ルクソールには砂漠を利用するカードが少なすぎて専用のデッキを作っている方は少なかったのですが、このカードの登場で増えそうです。
ルクソールは「砂塵神メジェド」のお陰で砂漠を展開するのが得意なので、このユニットの召喚時のバーンダメージもある程度安定するでしょう。
しかし、ダメージは1体だけで対象を指定できないので運要素が強く使いづらいです。
お互いにダメージを与える効果もライフで有利な状況以外では使いにくい為、このカードを軸とした構築が要求されます。
ガチャで出た場合は、専用デッキを組みたい方以外は砕いてもいいと思います。

百戦神 テュール

百戦神 テュール

ステータス

勢力:アスガルド
コスト:5
攻撃力:3
ライフ:5

能力

召喚時、同じ縦列のランダムな相手ユニット1体とダメージを与えあう。
被ダメージ時、他の同じ横列の自ユニットのATKとHPを+1する。

考察

召喚時にランダムではあるが、相手ユニットと戦闘する疑似速攻能力持ちユニット。
そのため、敵ユニットを除去しつつユニットを出す事ができるので、このカードを出したターンから状況が一変するでしょう。
さらに、同じ横列の自ユニットを強化できるのでフィニッシャー力もあります。
個人的に「烈火の軍狼」のカードの中で1番注目しているカードであり、アスガルドのどのデッキでも活躍することができると思います。
もし召喚で当たった際は、取っておくことをオススメします。

雷剣神 タケミカヅチ

雷剣神 タケミカヅチ

ステータス

勢力:イズモ
コスト:5
攻撃力:3
ライフ:3

能力

このユニットは相手ガーディアンに直接攻撃する。
このユニットが相手ガーディアンへダメージを与えた時、相手ターン終了まで、縦列の相手ユニット1体のATKを−2する。

考察

相手に直接できるので、序盤からライフ差をつけていく速攻デッキで活躍しそうなユニットです。
攻撃力を上げるとより強力になり、隠密を付与して生存率を上げるのもいいかと思います。
ライフが3しか無いので戦闘で破壊されやすそうですが、相手ユニットの攻撃力を下げる事ができるため生存力は意外と高いです。
扱いが難しいユニットであり、どんなデッキにも使えるわけでは無いので、使う予定が無い場合は砕いても問題ないかと思います。

死天使 サリエル

死天使 サリエル

ステータス

勢力:トリニティ
コスト:5
攻撃力:1
ライフ:2

能力

召喚時、左右の自ユニットを破壊し、破壊した数だけ、ATKとHPを+2する。
他の自ユニットが破壊された時、ランダムな相手ユニット1体に2ダメージを与える。

考察

自ユニットを破壊する事でステータスが上がる能力のため、初期ステータスが低く設定されているので召喚する際は1体は破壊したいですね。
露骨に狙っているとバレて対処されてしまう可能性があるため、2体破壊する場合はユニットの配置を考える必要があります。
召喚時はもちろん、場にいる限り自ユニットが破壊さえる度に2点をばらまけるので非常に強力です。
能力は強力ですが、大型ユニットを出すのが得意なトリニティでは噛み合わないので採用の際には専用のデッキにする必要がありそうです。
このユニットも使う予定が無い場合は砕いてもいいでしょう。

投稿日:

最強決定戦開催!デュエルエクスマキナ・イベント攻略

今月末に、デュエルエクスマキナの現環境最強プレイヤーを決めるイベント「最強決定戦」が開催されます。

今回は、今まで開催されてきたイベントとは違いイラスト違いのカードを手に入れるチャンスがあります!

これから、本イベントについての紹介と上位に入るための考察を紹介します。

デュエルエクスマキナ・最強決定戦開催

開催期間
4/28(金)15:00〜4/30(日)12:59

報酬
「英知神アテナ」のイラスト違いカード
カード召喚チケットやマナコイン

最強決定戦

「英知神アテナ」は、オリンポスのユニットでエピックレアのユニットです。
1枚はストーリーでもらえますが、もう1枚欲しい場合は召喚で手に入れるか生成しなくてはいけません。
ですが、エピックレアなので当てるのは難しく生成にもそれなりにマナのかけらを使います。この機会に頑張って手に入れる事をオススメします!

最強決定戦開催の内容

今回のイベントマッチは、特殊なルールがありません。
ランクマッチと同じく、通常ルールでの対戦となっているようです。
そのため、現環境を把握し環境に合ったデッキが求められます。

ランクによって参加できるリーグが違い、Dランク以上が参加できるエキスパートリーグでは「英知神アテナ」のイラスト違いが入手しやすくなっているそうです。
リーグはイベントマッチに参加した瞬間決定し後から変更ができないので、Dランク以上になってから参加されることをオススメします。

最強決定戦開催で勝つための考察

現在強いと思われ、よく目にするデッキの対策をとる必要があります。
個人的には、「ハデスの速攻デッキ」「イシスのコントロールデッキ」「ミカエルの大型ユニットデッキ」あたりが良くマッチングし強い印象があります。

「ハデスの速攻デッキ」は特に目にする機会が最も多いです。
このデッキは、軽くて攻撃力のあるユニットを展開しライフ差をつけて、後半は速攻カードやバーンダメージでトドメを刺します。

対策としては、軽い焼きカードやHPが高いユニットで守り序盤に受けるダメージをとにかく減らす事が重要です。

オススメは、1コストで2点の「風魔手裏剣の投擲」や3コストで全体に2点の「バルドルの閃光」です。
相手のユニットはHPが低いので、1体のユニットで相手ユニットを複数倒したり全体焼きカードを使用して有利トレードをしていくプレイングが求められます。

「イシスのコントロールデッキ」も結構対戦する機会が多いです。
豊富なスペルによる対応力と現環境最強と言える「大気神アメン」で終盤の逆転力が非常に高いです。

攻撃力が低いユニットはスペルやイシスの能力で無力化されてしまい、大型ユニットも「ウアジェトの猛毒」や怨念で弱体化して倒されてしまいます。
ルクソールには、アメンの他にも「冥獣アメミット」や「葬送神アヌビス」もあるので長期戦は不利となります。
そのため、攻撃力が高くコストの低いユニットを展開したり速攻能力を持つ速攻系のデッキが有利です。

「ミカエルの大型ユニットデッキ」は、上記の2デッキと比べると目にする回数は少ないですがそれなりにマッチングしている印象があります。
トリニティが得意としているマナブーストによる大型ユニットの展開と、攻撃力を上げるミカエルの能力が非常に強力です。
また、ダメージを1減らす鉄壁を持つユニットが多く盤面の維持力が高いのも強みです。

ミカエルの効果で無理やりユニットを同士討ちにしたり、鉄壁による有利トレードでなかなか有利な状況にさせてくれません。
弱点は大型ユニットを簡単に破壊されてしまう事なので、確定で破壊できる「ウアジェトの猛毒」や最弱モンスターに変えてしまう「大国主の神米」が有効です。

恐らく「最強決定戦」でもこれらのデッキと当たる可能性は高いと考えられるので、対策を練っておいた方がいいと思います。

投稿日:

イベントマッチ魔導書の決闘で上位を目指すために/デュエルエクスマキナ

2017年4/21からイベントマッチ「魔導書の決闘」が開催されました。
今回は、この「魔導書の決闘」について紹介します。

魔導書の決闘

イベント内容

開催期間
4/21(金)15:00〜4/23(日)17:59

各プレイヤーの後列中央に特殊地形が設置してあり、その地形効果により毎ターンイベント限定の特殊スペルが手札に加わります。
スペルの種類は5種類あります。
勝利数でランキングが決まり、イベント終了後にランキングに応じた報酬がもらえます。

本イベントの考察

本イベントは、毎ターン開始時に特殊スペルが手札に入るのですが、手札に入る順番が特殊スペル→デッキのカードとなります。

特殊スペルはそこまで強力なものでは無いので、特殊スペルが手札に入ってデッキのカードが手札オーバーで引けないと言った事が無いように手札を調節する必要があります。
毎ターン手札が2枚増えるので、2枚以上は手札を消費していくようにしましょう。

プレイしていて気づいたのが初ターンの動きです。
このイベントは、初ターンコスト4でスタートするのですが、皆さん結構初ターンは何もしないかコスト1のユニットを出してターン終了しています。
コスト4と言うと結構強いユニットが出せるので、ここでミスをすると戦いが厳しくなるので気を付けましょう。

オススメカード

毎ターンスペルが手に入るので、スペルを使用する事で効果が発動する「ゲンジの傀儡女」や「メンネフェルの巫女」を採用すると強い動きができます。

ゲンジの傀儡女

メンネフェルの巫女

「蒼星神イシス」は一見このイベントに相性が良いように見えますが、手札があふれる原因になるので使用の際は注意しましょう。

蒼星神イシス

このイベントで強いのは軽いカードを多く採用した速攻型が強いと思われます。
初めからコストが4なので一気にユニットを展開できます。

手札切れしやすい弱点は、毎ターンの2ドローにより軽減されているのでなかなか息切れを起こしません。

今回の特殊スペルには、ユニットを場に出す効果の物が2種類あるのでユニット展開もしやすくなっています。

投稿日:

パズルバトルでバトルの基礎を身に付けよう/デュエルエクスマキナ

2017年3月30日に配信がスタートした「デュエルエクスマキナ」。
始めたばかりの方やこれからプレイしてみようと言う方も多いかと思います。

そこで今回は、デュエルエクスマキナ初心者にオススメの「パズルバトル」について紹介します。

パズルバトル

パズルバトルは、主人公のパートナー「マキナ」が初心者の方の為にバトルの基本を学べるように用意した演習です。

パズルバトルとは

ルールは、用意された手札と場のカードを使ってそのターン中に相手のライフを0にします。

手札の使う順番、カードを出す場所はもちろん、時にはガーディアンの能力を使ったりと状況に合わせた行動が大切です。

パズルバトルのステージ

ステージは2部構成で、1部につき10個の演習があり合計で20個の演習が用意されています。
全ての演習は初回クリア時にマナコインがもらえるので、プレイされる事をオススメします。
各演習にはタイトルとサブタイトルがあり、それがクリアのヒントとなっているので、もしクリアに躓いたらタイトルを思い出してみましょう。

バトル1の例

試しに最初の演習「Battle 1」を見てみましょう。

Battle1-1
相手のライフは1で場には何も出ていません。
手札は4枚ありますが、PPが1なのでコスト2以上のカードは使えないため使える手札は2枚だけです。

Battle1-2

2枚の手札の中で「竜牙兵 スパルトイ」は攻撃力が1で速攻を持っているので、このユニットを出して相手を攻撃すればクリアとなります。

難しいステージ攻略

パズルバトルの中で、私が難しいと感じたステージの攻略法を紹介します。
もし紹介したステージで詰まったら参考にしてみて下さいね!

Battle 10 「護衛戦線、異常なし」

相手の護衛持ちユニットを上手く処理するのがコツです。
相手の前列の護衛持ちユニット「ガーゴイルの見張り」は体力が4なので、攻撃力4の「豊穣神フレイヤ」で攻撃してしまいがちです。

まずは、「狩人の流矢」で「ガーゴイルの見張り」に1ダメージを与え「混沌神ロキ」で倒します。

Battle 10-1

次に、相手の後列に居る「ガーゴイルの門番」を「雷電神トール」で倒します。
トールがダメージを受け、能力によって相手に2ダメージを与えます。

Battle 10-2

相手の護衛ユニットを全て処理し、後はライフ5を削るだけですが攻撃できるフレイヤでは攻撃力が1足りません。

そこで、「恩恵のマナ」で残りマナを増やし「数打物のダガー」でフレイヤの攻撃力上げて攻撃すればクリアです。

投稿日:

アテナの試練:絆の戦地/バトル10迄のコツとポイント!デュエルエクスマキナ

4/5から実施されているイベント「アテナの試練 絆の戦地」の後編が、4/14に配信されました。

イベント内容1

皆さんはもう挑戦されましたでしょうか?

今回は、「アテナの試練 絆の戦地」について紹介します。

アテナの試練:絆の戦地

開催期間:4/515:00(水)〜5/15(月)14:59

本イベントは、オリンポスのガーディアン「アテナ」がハデスの試練を乗り越えていくストーリーです。
様々な状況でバトルがスタートし、その状況を生かして戦うのが勝利のコツです。

アテナの外伝ストーリーとなっていますが、バトルでは他の勢力のガーディアンも使えます。
バトルで勝利すると、マナコインやスタンダードカードパックチケットがもらえます。

イベント内容2

イベントの構成は、「アテナの試練:絆の戦地㈰」と「アテナの試練:絆の戦地㈪」の2構成です。
どちらもバトルが5個用意されており、計10個のバトルが楽しめます。

各バトルのコツ

各バトルの攻略のヒントを紹介します。
攻略の参考にして頂ければと思います。

バトル1 前線の猛攻

プレイヤー側の前列が全て、上に居るユニットの攻撃力を上げてくれる地形「武器露店」となっています。
圧倒的有利な状況なので、自分の持っているデッキで自身のあるデッキを使えば勝てます。

バトル2 詩聖の力

自軍の後列に、このユニットの前にいるユニットの攻撃力を上げてくれる「詩聖サッフォー」が3体いる状態でバトルがスタートします。
「武器露店」とは違い、ユニットなので盤面の自由度は減りますが有利な状態には変わりありません。
前列に居ると攻撃力が上がる「テーバイの重装歩兵」など前列で力を発揮するユニットや、前列に居る全てのユニットの攻撃力を上げる「怪狼ワーグ」を使うと有利に戦えます。

バトル3 風の後押し

プレイヤー側の前列が全て、上に居るユニットに速攻を与える地形「追風の戦地」となっています。
速攻のおかげで序盤から相手のライフを削っていけるので、コストが低くて攻撃力の高い「オークの尖兵」などをドンドン展開する速攻デッキがオススメです。

バトル4 立ちはだかる壁

前列中央が「追風の戦地」、後列中央に「詩聖サッフォー」がいる状態でスタート。
相手の場には、成長能力を持つ「ドワーフの少年」2体と護衛を持つ「沼怪ジャイアントトード」と「ガーゴイルの見張り」が初めからいます。

「ドワーフの少年」は成長により毎ターン攻撃力が1ずつ上がるので早めに処理しなくてはいけませんが、護衛ユニットがそれを阻止してきます。

なので、護衛に影響されないスペルや後列にも影響を及ばす「嘆精バンシー」を使って、早めに「ドワーフの少年」を倒すようにしましょう。

バトル5 水晶の慈愛

自軍後列に「水晶術師ジアー」、前列の攻撃力を上げる「力の水晶」、前列のHPを増やす「命の水晶」がある状態でスタートします。

かなり有利な状況でのスタートですが、相手はコスト3のライフ50からのスタートなので油断は禁物です。

自軍に恩恵を与えてくれる水晶を守るようにユニットを配置して戦うようにしましょう。
相手はコストが高く強力なユニットを先に出してくるので、大型ユニットに強いルクソールのデッキが有利です。

バトル6 育つ悪霊

自軍後列に「霊竜オーラドラゴン」が3体いる状態でスタートします。
オーラドラゴンは、自軍にユニットが出る度に攻撃力とHPが上がるので、序盤からどんどんユニットを展開してオーラドラゴンを強化していきましょう。
1枚で2体ユニットを展開できる「コリントスの軍犬訓練師」や「ウルモルの歩哨」などがオススメです。

バトル7 止まらぬ矢

自軍後列に「サテュロスの短弓兵」が3体いる状態でスタートします。
サテュロスの短弓兵は、自軍にユニットが出る度に相手ガーディアンにダメージを与えます。
バトル6同様、1枚で2体ユニットを展開できるカードがオススメです。

バトル8 前後の格差

自軍と敵軍共に前列が「武器露店」、後列が毎ターン上に居るユニットにダメージを与える地形「酸溜まり」でスタートします。

後列の酸溜まりをどうするかで戦い方が変わる面白いバトルです。
酸溜まりを勢力基本地形に変えるのがベターな戦い方で、「鉄壁」を持つユニットは酸溜まりのダメージを受けないので「鉄壁」のユニットを多く採用できるトリニティデッキで戦ってもいいと思います。

ダメージを受ける事で攻撃力が上がる「多頭竜ヒュドラ」や相手にダメージを与える「雷電神トール」を使った戦い方も有効です。

バトル9 ネズミと甲虫

敵軍後列に「大国主の大ネズミ」2体と「反撃のスカラベ」1体が居る状態でスタートします。
大国の大ネズミは毎ターン自分の前に「大国主のネズミ」を出し、自分を守りながら攻撃してきます。

毎ターン供給される大国主のネズミがやられる度に「反撃のスカラベ」でこちらのユニットのHPを下げてくるので、素早く大国主の大ネズミを倒す必要があります。

出した列に居る相手ユニットにダメージを与える「忍者乱波」や、全相手ユニットにダメージを与える「狐火の撒布」があるイズモデッキが有効です。

バトル10

敵軍後列に「力の水晶」と「命の水晶」、護衛を持つ「スパルタの精兵」に加え、敵軍全ての地形が海でスタートします。

敵は、速攻の能力を持ったユニットを多く採用しており、力の水晶の恩恵を受けて攻撃力の上がったユニットで猛攻してきます。
最優先で破壊しなくてはいけないのが力の水晶で、これさえ素早く破壊できれば逆転は十分可能です。

コストが軽く、ピンポイントで2以上のダメージを与えられるスペル「風魔手裏剣の投擲」や「ハルパーの追撃」などを採用し、力の水晶を破壊しましょう。
このバトルは非常に難易度が高く、お互いの引きによってクリアできるかがかなり左右されます。スペルが最初の手札に来なかったらすぐ再戦し直すなど、諦めず何度も挑戦しましょう!

投稿日:

イベント戦乱前夜と勝利のコツ・プレイレポ/デュエルエクスマキナ

イベント「戦乱前夜」をプレイしよう

現在開催中のデュエルエクスマキナイベント「戦乱前夜」はもうプレイされましたか?

このイベントは、用意されたデッキを使ってCPUと戦うイベントなので、どなたでも挑戦する事ができます。

今回は、「戦乱前夜」について紹介していきます。

デュエルエクスマキナのイベント「戦乱前夜」

イベント内容

イベント内容

開催期間:3/30(木)15:00〜5/15(月)14:59

決められたガーディアンとデッキを使い相手を倒します。
デッキごとにコンボが隠されており、いかに素早くコンボに気づき実行できるかが勝利の鍵です。

プレイレポート

本イベントは、「乱戦前夜〈前編〉」と「乱戦前夜2〈後編〉」の2つが用意されてました。

「乱戦前夜〈前編〉」と「乱戦前夜2〈後編〉」

「戦乱前夜〈前編〉」の方は、バトルが6つでイベントが4つとなっています。どちらもクリアする事でマナコインがもらえ、合計で140マナコイン手に入りました。

使うデッキは、オリンポスデッキのアテナ、アスガルドデッキのロキ、トリニティデッキのミカエルです。どのデッキも2回ずつバトルが用意されています。

「乱戦前夜2〈後編〉」は、バトルが9つでイベントが4つと前編よりバトルが多かったです。

前編のバトル

こちらも前編同様クリアするとマナコインがもらえ、合計で170マナコイン手に入りました。

使うデッキは、ルクソールデッキのイシスとイズモデッキのスサノオのバトルが2つずつあります。

最後に、オリンポスデッキのアテナ、アスガルドデッキのロキ、トリニティデッキのミカエル、ルクソールデッキのイシス、イズモデッキのスサノオのバトルが1回ずつありました。

前編のバトルは用意されているデッキがかなり強く、どれもバトルの基本ができていれば簡単にクリアできます。

公式では各デッキにコンボが隠されていると言っていますが、コンボの事は特に考えず普通にプレイいした方が勝てると思います。

ライフ差スタート

後編の最後の各勢力のバトルは、開始直後自分のHPが20なのに対し相手のHPは30と圧倒的に不利な状況でスタートします。

スサノオVSアテナ

最後のバトル「スサノオVSアテナ」
特に一番最後のバトル「スサノオVSアテナ」は、自分が使うガーディアンのスサノオの効果がお互いにダメージを与えるものなので、自分のHPが相手よりも高い状況で活きる効果のため難易度が非常に高いです。

さらに、相手は速攻が得意なオリンポスデッキで序盤からドンドン攻めてくるの為、ライフ差を埋めるどころか差がドンドンひらいてしまいます。

勝利へのコツ

勝つコツは、とにかく相手のユニットの前にユニットを出して少しでも有利交換していきましょう。
後半に強いカードが少ないオリンポスなので、有利交換で息切れさせてしまえば逆転する事が可能です。

本イベントは、各勢力のいい練習となりますしプレイングの上達にも良いイベントだと思います。
自分でカードを用意する必要が無いので、ゲームを始めたばかりの初心者の方は是非プレイしてみて欲しいと思います。

投稿日:

βテストで弱体化されたカードをチェック!/デュエルエクスマキナ

正式リリースがされてしばらく経ったデュエルエクスマキナ。皆さんはどんなデッキを使っているのでしょうか?

βテストをプレイされた方は、どのカードが強いか知っており使うデッキも決まっているのでスムーズにゲームを開始できたと思います。

ですが、一部のカードは能力の変更がされており弱体化されています。弱体化の対象となったカードはどれもβテストで猛威を振るった速攻系のカードです。

これから、それらの弱体化されたカードを紹介しますので一緒に確認していきましょう!

βテストで弱体化されたカード/デュエルエクスマキナ

飛兎 フライングラビット

飛兎 フライングラビット

変更前:コスト1 攻撃力3/HP1 自ターン終了時、相手ターン終了時まで、攻撃力を-3する。

変更後:コスト2 攻撃力1/HP1 速攻 時ターン開始時、手札に戻る。

変更前は、相手のターン中は攻撃力が無くなってしまうデメリットがありますが、コスト1で攻撃力3と非常に高く先攻1ターン目で出せればかなり有利でした。

攻撃力3は序盤に出せるユニットならほぼ突破できるので、味方の攻撃を通すのに使うなど非常に強力なカードでした。

変更後は、コストが2となってしまい攻撃力が1になってしまいました。
速攻がついたとはいえ、毎ターン手札に戻ってしまうので出す度にコストがかかりとても使いにくくなりました。

商工ギルドの武器屋

商工ギルドの武器屋

変更前:コスト2 攻撃力1/HP2 召喚時、地形「武器露店」(この上にいるユニットの攻撃力を+1する)を作る。

変更後:コスト2 攻撃力2/HP1 召喚時、数打物のダガー(コスト1 自ユニットの攻撃力を+1する)を1枚手札に加える。

変更前は、1度出せば永続的に味方の攻撃力を上げてくれる地形を作れるので、序盤から終盤まで影響力のあるカードでどのデッキでも採用されていました。

攻撃力は1ですが、このユニットの下に「武器露店」を作るので実質攻撃力2として使えるのもポイントが高かったです。

変更後は、味方の攻撃力を1上げるスペル「数打物のダガー」を手札に加えるだけに変更されました。
コスト1を払わなければならず、1体だけなのでかなり弱体化されたと言えるでしょう。

エルフの妖精使い

エルフの妖精使い

変更前:コスト2 攻撃力1/HP1 召喚時1マス前に「ピクシーの従者」(攻撃力2/HP2)を出す。

変更後:コスト2 攻撃力2/HP1 召喚時「ピクシーの従者」(コスト1 攻撃力1/HP1)をデッキ外から1枚手札に加える。

変更前は、コスト2で合計3/2の高ステータスでユニットを2体一気に展開できる超強力な能力でした。

2体ユニットを出す効果はモンスターが場に出た時の効果と相性が良く、攻撃・防御どちらでも使えるので、このカードも採用率が非常に高かったです。
変更された後は攻撃力が2になり、代わりに「ピクシーの従者」の攻撃力が1になりました。

それだけならよかったのですが、手札に加えるのでコストが別に掛かり展開力が落ちてしまい現在は採用率が低くなっています。

投稿日:

デュエルエクスマキナとシャドウバースを比較!最大の違いはコレだ!

2017年1月30日にカードゲームアプリ「デュエルエクスマキナ」が配信されました!

昨年のテスト段階からキリンのように首を長くして待っていた方も多いのではないでしょうか。

現在、カードゲームアプリで人気の「シャドウバース」をプレイされている方の中にはカードゲームに興味がある方が多いかと思います。

そこで今回は、「デュエルエクスマキナ」を「シャドウバース」との比較を交えながら紹介したいと思います。

デュエルエクスマキナとシャドウバースを比較!違いや

世界観

世界観

デュエルエクスマキナでは、神々が争う世界に召喚された主人公が、世界を救うため冒険を開始します。

勢力は「オリンポス」「ルクソール」「アスガルド」「イズモ」「トリニティ」の5勢力があり、プレイヤーは各勢力の神々の力を借りて戦います。

(参考)
>>デュエルエクスマキナの勢力攻略/初心者向けや基本的な使い方

戦闘

戦闘

デュエルエクスマキナは、前列3マス×縦2マスのバトルフィールドにモンスターを配置して戦います。

モンスターが攻撃できるのは自分と同じ縦列に居る相手モンスターしか攻撃できず、前列のモンスターからしかダメージを与えられません。

正面に相手のモンスターが居ないとモンスターは相手のライフを攻撃でき、相手のライフを0にすると勝利です。

モンスターの位置は関係なく、モンスターかプレイヤーどちらを攻撃するか選べる場面が多いシャドウバースとは全く違う戦闘が楽しめます。

プレイヤーは所持しているマナ(シャドウバースで言うPP)を消費してカードを使います。

マナは自分のターンが来るたびに全回復して最大値が1づつ上昇していきます。
この部分はシャドウバースと同じなので、違和感なくプレイできると思います。

シャドウバースとの最大の違い

シャドウバースとの最大の違いはガーディアンの存在です。
ガーディアンは様々な能力を持っており、マナを消費する事で能力を発動しプレイヤーをアシストしてくれます。

シャドウバースにもリーダーが存在しますが、彼らは戦闘には一切干渉しません。
能力は1ターンに1回ですが、最大使用回数の制限は無くマナがあればいつでも能力を発揮できます。

各勢力にはガーディアンが3人づついるので選択肢が多く、ガーディアンによってデッキ内容が大きく違うので様々な戦い方を楽しむ事が可能となっています。

デイリーミッションがユルイ

デイリーミッション

シャドウバースのデイリーミッションは、クラスの指定がありオンライン対戦での勝利が条件です。

オンライン対戦なのでなかなか勝てないこともありますし、指定されたクラスのデッキを持っておらずミッションを達成できないこともあります。
デュエルエクスマキナも勢力指定での勝利が条件ですが、ストーリーモードの弱いCPUに勝利してもミッション達成になるので、最初から持っている全ての勢力の初期デッキでクリアできます。

コロシアムのミッションも「参加する」は負けてしまっても達成できますし、「勝利する」に関しては勢力指定が無いので自分の得意なデッキで挑戦できます。

イベント満載

イベント

デュエルエクスマキナは様々なイベントがあります。
現在開催されているのは、用意されたデッキで相手に勝つものなので誰でも挑戦できます。

βテストでは、強いCPUに挑戦したり特別な仕様のランクマッチなど様々なイベントが開催されていたので、今後そういったイベントが開催されると予想されます。
特にイベントが無いシャドウバースとは違い、常に新しい刺激を得る事ができます!

投稿日:

デュエルエクスマキナの勢力攻略/初心者向けや基本的な使い方

デュエルエクスマキナには5つの勢力があり、
オリンポス、アスガルドといった勢力ごとに特徴があります。

テスト期間も終わり、デュエルエクスマキナ、iOS,Andoridともにリリースされました。

始めたばかりの方はどの勢力にするか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、各勢力についてです!

勢力選びの参考にしてみて下さいね。

デュエルエクスマキナの勢力攻略/初心者向けや基本的な使い方

オリンポス

orinpos

ギリシャ神話の神々が登場する勢力です。

デュエルエクスマキナは、フィールドに出したばかりのモンスターはそのターン攻撃できませんが、「ケンタウロスの軽装騎兵」など出したターンに攻撃できる「速攻」を持つカードが多いのが特徴。

コストが軽くて攻撃力があるモンスターや速攻のカードで序盤から攻める動きが強いです。カード効果がシンプルなので、初心者にオススメの勢力です。

ルクソール

rukusoru

エジプト神話の神々が登場する勢力です。

優秀なスペルカードが多くあり、変則的な戦い方を得意としています。
登場時に相手の攻撃力を1にする「蠍人ギルタブリル」などのモンスターや、「ギーザの魔装兵」のような破壊されると相手モンスターのHPを1にする「怨念」を持つモンスターが特徴です。

相手モンスターを弱体化させる能力に長けており、体力が低いモンスターをまとめて倒したり大型モンスターを簡単に倒す事が可能です。
スペルとモンスターの割合調整が難しく、変則的な戦い方をするので初心者にはオススメできません。

アスガルド

asugarudo

北欧神話の神々が登場する勢力です。
攻撃力が低くてHPが高いモンスターが多く、持久戦を得意とする勢力です。
HPを回復するカードで耐えつつ、味方の攻撃力を上げるカードでじわじわと相手を追い詰めます。
こちらもカードの効果がシンプルなので、初心者にオススメの勢力です。

イズモ

izumo

日本神話の神々が登場する勢力です。
相手モンスターの配置を変える「威圧」を持った「ヤマトの金剛戦士」などのモンスターが特徴。
バーン、弱体化、バウンスなど様々な効果のスペルがあり非常にトリッキーな動きができます。
効果は優秀ですがステータスが低いモンスターが多いので、相手のライフを削るのが難しく計画を立てながら戦わなくてはいけないので上級者向けの勢力です。

トリニティ

tri

旧約聖書の神々が登場する勢力です。

「ロードスの門衛」のような相手からのダメージを減らす「鉄壁」を持つモンスターや、別の列の攻撃も防げる「護衛」を持つ「ロードスの聖騎士」などのモンスターが多く防御力が非常に高い勢力です。

残りのマナを増やせる「聖樹の杯」などでマナを一気に増やし、早いターンから大型のモンスターを出す事が可能です。

マナを増やすタイミングが重要となるので、ある程度戦い方がわかってきた中級者以上向けの勢力です。

まとめ

以上、いかがでしょうか。
各勢力ごとにマイデッキを構築するのも面白そうですよね。