投稿日:

レアアバター/城とドラゴン

レアアバター券100枚を使って交換できるのがレアアバターです。正直、けっこうカッコいい見た目だと思います。レアアバター券は福袋タマゴ(赤)からゲットできますが、これから討伐イベントや腕くらべ争奪バトルの報酬にもなるようです。

ゴブリン

ザウルスクロー(武器・8時間)
ザウルスボディ(鎧・8時間)
トリケラヘッド(兜・8時間)

魔法使い

イフリートロッド(武器・8時間)
イフリートローブ(鎧・8時間)
<% module(中) %>
フリートホーン(兜・8時間)

ワイバーン

ダークネスボディ(武器・8時間)
ダークネスヘッド(鎧・8時間)

リザードマン

炎帝の矛(武器・8時間)
炎帝の衣(鎧・8時間)
炎帝の飾り(兜・8時間)

魔導機兵

蛮王の裂刃(武器・8時間)
蛮王の肉体(鎧・8時間)
蛮王の形相(兜・8時間)

マーメイド

海竜の堅琴(武器・8時間)
海竜の鎧(鎧・8時間)
海竜の兜(兜・8時間)

エンジェル

不死鳥の杖(武器・8時間)
不死鳥の衣(鎧・8時間)
不死鳥の冠(兜・8時間)

スケルトン

業魔の大斧(武器・8時間)
業魔の鎧(鎧・8時間)
業魔の大角(兜・8時間)

オーク

歌舞伎衣装(武器・8時間)

サイクロプス

パラディンソード(武器・8時間)
パラディンメイル(鎧・8時間)
パラディンヘルム(兜・8時間)

剣士

退魔の神剣(武器・8時間)
<% module(中) %>
明王の法衣(鎧・8時間)
明王の聖冠(兜・8時間)

ゴーレム

フレイムフィスト(武器・8時間)
岩石ボディ(鎧・8時間)
ボルケーノヘッド(兜・8時間)

マタンゴ

毒蛇の杖(武器・8時間)
カモン!スネーク(鎧・8時間)
猛毒の蛇王(兜・8時間)

実査王されていないキャラ

今後の実装が期待できそうなのがカタパルトにアシュラ、騎馬兵とグリフォン、デビルとメデューサという感じです。いまのところ、初期キャラ14体だけですね。

福袋タマゴ(赤)

福袋タマゴ(赤)の中にはピザやキーン、レアアバター券、ハンバーグやご飯大盛り待ち時間リセットなどが入っています。
レアアバター件は150枚入っています。レアアバター1つゲットして50枚余るという、なんとも微妙な枚数配分となっています。

入っている内容一覧

レアアバター券150枚
ドリンク2個
ピザ4枚
ドラゴンメダル30枚
ハンバーグ3個
フード15000
キーン100000
ちなみに、福袋は中身だけをプレゼントから受け取る仕組みです。

投稿日:

リーダーとサブリーダーを選ぶポイント/城とドラゴン

追加されたサブリーダーの機能。

強さやバトルでの戦術を練るのに使えるという利点もあります。

それに加えて、固定キャラを作れるようになったので、レベル上げの自由度も増しましたよね。

リーダー

リーダーを選ぶ優先順位としては、調子が良くて、スキルが強いキャラクターが良いです。リーダーにしたらスキル発動率が高くなるキャラクターもいます。

この「調子が良いかどうか」というのは結構重要視しています。
調子は、顔のアイコンからチェックできます。

マルチではシャッフルがないので、単体でも十分に強いキャラということも大切になってきます。

育てているユニットの中で強いキャラ・レベルの高いキャラというのは必然的にリーダー候補となってきます。

リーダーの選択の仕方

たまにフリー対戦でのリーダー選択方法が分からないという人もいます。
「防衛作戦」から、防衛キャラのリーダーを変更すればリーダーも変更します。
 

サブリーダー

調子でスキルに変化がないキャラクター、かつリーダーとの相性が良いキャラクターが良いです。

メインユニットの補助的な役割ですね。

リーダーかサブリーダーのどちらかには、範囲攻撃の大きいキャラクターか大型キャラを入れておくと役に立ちます。

レベル上げしたいキャラクターを選択

勝率をあげる目的以外のところでは、レベル上げしたいキャラクターをサブリーダーにするという選択もありです。サブリーダーになったキャラクターは、かならずバトルに登場します。

サブリーダーの設定の仕方

サブリーダーは、まだ追加されて間もない機能です。
サブリーダーが選べない・設定できないということもあるかと思います。

サブリーダーの選び方自体は簡単です。

サブリーダーの設定の仕方

「鍛錬所」を開くと「サブリーダー選択」があります。
そこをタップすれば、サブリーダーにしたいキャラクターを選択できます。

過去には、たまに「サブリーダー5体」という変わったルールのリーグ戦が開催されたりしています。

これからもあるかもしれないですね。

色々あるけど、最終的にはお気に入りキャラで!
リーダーとサブリーダーを有利に選ぶ方法をいくつか紹介しました。

ただし、城ドラはキャラへの愛着も湧いてしまうゲームです。

また、城とドラゴンのゲーム性から考えても、ある程度キャラ自体のことを「気に入っている」ということが、楽しくゲームをするのに一番重要かもしれないですね。

なんか今、「城ドラカフェ(城とドラゴンカフェ)」なるものもあるみたいですね。
「クサイミズ」なんてメニューもあるので、勇気のある人はチャレンジしてみてください。

スイーツパラダイスの梅田店では2016年2月29日まで、スイーツパラダイスの上野ABAB店では2016年3月13日までやっていますよ!

投稿日:

城とドラゴン/カタパルト

二匹のゴブリンがよいしょよいしょと荷台を押している姿がかなり可愛らしいカタパルト。使っているとかなり愛嬌がありますが、バトルではどのように役立ってくれるのか、カタパルトについてのあれこれをまとめていきます。

長所

カタパルトの長所です。

一撃必殺型

カタパルトは攻撃が決まりさえすれば、その威力は大きいです。ただし、攻撃が決まりさえすれば…。というのも、カタパルトは攻撃できる回数が極端に少ないからです。

驚異的な射程距離

カタパルトは、超遠距型のキャラクターです。というのも、その攻撃は砦から砦まで届いてしまうからです。弓兵よりも俄然ながい射程距離です。自身の防御力は低いので、進軍する後ろから前線にいる味方を飛び越えて、遠くに要る敵に威力ある攻撃を仕掛けていく感じです。

大型対策

1回の攻撃力が大きいため、苦戦する大型の敵にはカタパルトが有効です。
または、敵軍に集まっている雑魚を一掃するのにもカタパルトはオススメです。

後ろからのサポート役

カタパルトは、第一線でバトルを切り開いていくというより、後ろからドカンと敵に攻撃を仕掛けていくタイプです。

短所

カタパルトの短所です。

攻撃回数が遅い

カタパルトの攻撃回数の遅さは異常なくらいです。これは「一撃必殺型」の部分でも書きましたが、1分で16回しかできません。操縦役のゴブリンは頑張ってくれていますが、遅い…です。

コストが高い

カタパルトはコスト3とやや高めです。コスト制限が気になる人には向かないです。

飛行キャラに対応できない

地上戦では、現状はかなりの強さを発揮するカタパルトですが、空からの攻撃にはめっぽう弱いです。また、接近された時には逃げれず防御力も低いので、対処のしようがありません。そのため、ワイバーンや騎馬兵はカタパルトの天敵と言えます。

その他

カタパルトを複数並べる時には、1体同士の間隔をあけて並べるのがオススメです。そうすれば、もともと1体の攻撃範囲が広いため2匹位以上いればかなりの攻撃範囲となります。
あと、正直スキルのソクドアップは使い方に迷いますが、やはり使うのは敵から逃げるために後退する時かなと思います。

カタパルトのステータス

攻撃力473、防御力266、HP253、進撃型の遠距離全体タイプです。
召喚コストは3、最大召喚数3、攻撃回数は16、足の速さは30マス

スキル

ソクドアップ/召喚する時に足の速さがあがります。
先行販売時には3500コインで購入できました。

投稿日:

基本となる全アイテム、コレだけは押さえとけ/城とドラゴン

今回は、今さらながらアイテムの説明をします!

この世界には、キーン・フード・ルビー・ドラゴンメダル・CP・チケット・友トレ玉・召還玉があります。

まずは画像下の4つのアイテムから解説していきます。

キーン

城ドラの世界でいう「お金」のようなものです。

用途は人々を雇ったり、レベルを上げたりします。
あとは装備を開発。城の強化もできます。

フード

用途はソロプレイ時に敵城を攻撃したり探したりします。
装備開発。あ、フードとご飯は違います(笑)
城の強化もできます。

ルビー

課金して手に入る魔法のような石のことです。
何かを作る時間を短縮出来たり、後述するチケットなどに交換することもできます。マルチプレイバトルをすると、1日一回30個もらえます。

ドラゴンメダル

先ほど装備を開発するのにはキーンとフードが必要であると書きましたが、強いものになるとこのドラゴンメダルがいります。

次に画面上です。

CP

城のレベルが上がるともらえるポイント。用途は卵買うとかです。

友トレ玉

城下町の一番左に、ドラゴンの訓練所があります。訓練所は2箇所あって、もう一つはさっきの画像で言う下の右から2個目の施設です。友トレ玉を使う訓練所は、城の奥(左)にあります。

この柵から左部分ですね。
フレンドが出来ると、下の画像のように施設が増えます。

下の部分の、ドラゴンがいるところが訓練場です。
ここで友トレ玉を使って訓練を行います。友トレ玉は時間回復なのでひたすら待ちます。

友トレ玉はルビーで絶対値を増やすことが出来ます。
下の画像では3個に増やしました。

友トレ玉の絶対値が多いほど、時間回復が早いです。

チケット

バトルをするのに必要なチケットです。
バトルの「ひとりで」には3種類あって、フードを使って出来るバトルもありますが、チケットが必要なものもあります。チケットが足りない場合は、ルビーでバトルすることもできます。

召還玉

バトル時にドラゴンを召還するための玉です。

ごはん

訓練所でドラゴンに「ごはん」を与えることが出来ます。

ごはんの小盛り、中盛り、大盛りで訓練所での獲得経験値を多くしたり、サラダなどのアイテムで剣士やドラゴンのテンションをあげます。サラダなどはデイリーボーナスでもらえます。

次回は、城下町でできることについてお話していきます。

投稿日:

バトル・孵化について具体的に解説/城とドラゴン

今回は、ゴーレムを題材にドラゴンの特徴などの説明と、孵化、バトル(ちょこっとだけ)について書きたいと思います。 
まず、前回の記事でさっそく訂正があります。

バトル中に、相手の城を目指して進む型を攻撃型、敵を迎え討つ型を守備型と書きましたが、正しくは進撃と迎撃でした。すみません。

ゴーレムの状況

それでは、まず、ゴーレムの詳細を見てみます。

蹴撃タイプ
迎撃とありますので、敵を迎え撃つタイプですね。
真ん中の数字が、攻撃力・守備力・HPです。

研究所で武器や装備品を開発すると上がります。
ちなみに、装備しなくても開発すれば上がるので、どんどん開発した方がお得です。私のゴーレムは今のところ丸裸も同然です。

バトル画面の味方

次に、画面下部分についてお話します。

バトルの画面はこんな感じです。

召還コスト

この左端に、赤い玉があります。
これは召還玉です。

これを消費してモンスターを召還し、敵城と戦います。

この召還玉はバトル開始前に配布され、使ったら時間で回復します。モンスターを召還するのにこの玉がいくついるのかが召還コストです。ゴーレムの場合は5つですね。

最大召還数

1バトル中に何体このモンスターを召還できるかを表しています。

攻撃回数/足の速さ

1分に何回攻撃/何マス進むかを表します。

ターゲット

自分とどれくらい離れた敵まで攻撃するかです。
この後に説明するスキルにある「攻撃範囲」という意味ではなく、どのくらい離れている敵に近づいて行って攻撃するとかいう意味です。

ゴーレムの場合は中距離ですね。
また、[全体]とあるのは、敵が複数で迫ってきたときに、何体分に攻撃を当てるのか、です。ゴーレムは[全体]で、範囲内にいる敵全てですね。[単体]や、[少数]があります。

スキル

どんな方法で相手に攻撃するかです。
ゴーレムの場合は「ジシン」となります。

地面を叩いて地震を起こして攻撃をするので、飛んでる敵(浮遊キャラ)には効力ありません。スキルのレベルが上がると、攻撃で当たる範囲が広がります。

こんな感じで、EGGショップで自分がどんなドラゴンが買いたいのかを考え、タマゴを買います。買ったタマゴは研究所で孵化させます。

研究所をタップして、タマゴふ化をタップ。

すいません、カエル剣士になってますが・・。
ふ化させたいタマゴをタップします。

ところで、城レベルはキャラクターのレベルアップによって上がるのですが、タマゴをふ化させても城レベルは上がります。

そしたらどんどんふ化・レベルアップさせればいいようにも思いますが、実はそういうわけでもありません。

そのお話は、また次回していきます。

投稿日:

城とドラゴン/強化

研究開発

キャラクターの強化は、「研究開発」パートで行います。

武器

武器は、バトルを攻略する上で非常に重要なアイテムです。
なぜなら、キャラクターを強化するには武器のレベルアップが欠かせないからです。
強力な武具を装備させれば、当然バトル攻略もしやすくなっていきます。

武器を生成しよう

城とドラゴンでは、バトルの際に重要な装備品となる武器が城下町で作られます。城下町には待人がいて、武器を生成してくれます
まずは、キャラクターに装備させる武器を城下町で作ります。

武器の生成

武器は、生成するのに時間がかかります。
マジックハンドなら12時間、魔族の魔槍なら6時間、魔族の魔槍なら3時間というように時間が必要となっています。
当然、強力な武器であるほど、作るために必要な時間も増えていきます。

武器の装備

マジックハンド、魔族の魔槍、騎兵の鉄槍、森の猟騎槍、マジックハンドなどの武器を生成したら、キャラクターに装備させていきます

武器の種類

キャラクターに装備させることが出来る武器には次のような種類があります。
武器/鎧/カブト/スキル

キーンとフード

キーンとフードは、武器を開発するのに必要なアイテムとなってきます。
つまり、強化のカギを握るアイテムなのです。
フードは、城下町にある牧場から収穫します。収穫するのにも一定時間が必要です。
キーンは、バトル勝利でゲットできます。ただし、バトルに負けた時にはキーンが大量になくなってしまうので注意しなければいけません。

友トレ

自分とフレンドが一度の経験値をゲットできるトレーニングのことです。
友トレでは、キャラクターどうしがバトルすることによって経験値を上げていきます。

友トレ玉

友トレ玉は、友トレを行うときに使用します。
プレイ時間で回復する、他のゲームでいう「体力」のようなものです。
ルビーを使って購入できます。

ごはん

経験値ブーストとして、訓練所で使用します。
子盛り、中盛り、大盛りとあり、大きくなればなるほど、獲得できる経験値も増えていきます。
ルビーを使って購入できます。

防衛

敵から城を落とされなないように、キャラクターや武器、大砲などを城の門に配置して対策を行います。
城には、両壁や大砲、城門などのレベルを上げることで城を頑丈で落とされにくいものにしていきます。

投稿日:

城とドラゴン/キメラ

スイコミという敵を吸い込んでHPを回復させるスキルが際立っているキメラ。吸い込まれたキャラクターは、即死してしまいます。強力すぎるそのスキルですが、一方で致命的ともいえる弱点もあります。
ライオンの出で立ちとしっぽから出ている緑色の蛇が強そうな感じはするのですが、実際の仕様感はどうなのでしょうか。
これらについて、順番に見ていきたいと思います。

ステータス

攻撃力1263
防御力800
HP1600
召喚コストは5、最大召喚数は1体、
攻撃回数は22回、足の速さは60マス
ターゲットは近距離の単体です。
スキル/スイコミ
敵を吸い込むことで、自らのHPを回復させる事が出来ます。
回復量は、スキルレベルをあげると増えていきます。

キメラ対策

デビルやゴーレム、リザードマンやサイクロ等で対抗しても、キメラに対抗できない時があります。
そういう場合にはどうすれば良いのでしょうか。

キメラの弱点

圧倒的な強さを誇る「スイコミ」ですが、それに対抗する圧倒的な弱点、それは「スピードが遅い」ということです。
スピードが遅すぎて、条件によっては、敵からの攻撃を真正面からバシバシそのまま喰らって即死することさえあります。
下記でも書いていきますが、この弱点を使えば、対抗できないとも思われるキメラを、かんたんにやっつける事も可能なのです。

対抗キャラ

1対1では圧倒的な強さを誇るキメラ。ゴーレムやサイクロプスでさえ負けてしまいます。
しかし、対抗できないという訳でもありません。
キメラの特徴である「単体攻撃」と移動スピードの遅さ(可動範囲の少なさ)、という部分を上手く使えば、超激スキルを避ける事や、倒す事も可能なのです。
一番のオススメは、スケルトンの複数攻撃です。この他、対抗しうるのは、アーチャー、ワイバーン、マタンゴという感じかと思います。
ただし、、キメラの後ろに魔法使いやアーチャーを配置して、その弱点を覆っている場合がほとんどかとは思いますが…。

投稿日:

タマゴを選ばないとトンデモな事になる…!?/城ドラ攻略記

今回は、前回の「タマゴをどんどんふ化させればいいわけではない」問題について解説していきます。
 
なぜ、タマゴを孵化させまくればOKなんじゃないの?と思う人もいるかみしれません。
しかし、城ドラではそうではないんですよね。

城ドラをはじめると、いろんなキャラがいるのが面白くてどんどんキャラを増やしたくなりますよね。でも、それじゃあ強くはなれません。

このことを説明するために、まずはバトルの方法を説明していきます。

まず、バトルをするには右下にあるバトルのボタンをクリックします。

今回は、バトルの中でも基本的な、「ひとりで」(ソロプレイ)の「攻撃」でのバトルです。
これは、ほかのプレイヤーの城に攻めるというバトルです。

攻撃する相手を決めたら、リーダーを選択する画面になります。

リーダーを選択します。
ここで、キャラクターの右上の顔みたいなマークがあります。

これは、キャラのテンションを示しています。
例えばここでは、カエル剣士、ゴーレムはテンションアゲアゲです。

で、顔の横の矢印はこれからこのテンションがどうなるかを示しているんです。このテンションは、あがっているほどスキルを発動しやすくなります。リーダーに選んだキャラは必ず選択されます。
 
この、「選択」ですが、実は、ここが、城ドラが他のゲームと比べてちょっと変わっているところで、「ふ化させればいいってもんじゃない」ところです。

リーダーを選んだあと、チームを選択する画面に移ります。

こういうゲームって、自分でデッキを組んで出発するのが多いですよね。

でも、城ドラはランダムでキャラが決まります(この時はまだ5体しかもっていないので常時このデッキですが)。
 
なので、きちんとドラゴンを見極めてふ化させないと、大変なデッキ??になるかもしれません!

バトル開始前です。黄色の線より左が領地なので、その範囲内に剣士やドラゴンを配置します。

左の赤い玉は召還玉です。この玉を使って剣士やドラゴンを召還します。召還数はキャラクターごとに異なります。キャラの左下に書いてある数字が、必要数です。バトルが始まると、時間回復します。

また、キャラの上に書いてある、「×(数字)」は、1バトル中に召還できる数です。剣士はいくらでも召還できます。

右上に見えているのは、砦です。砦を占拠すると、召還玉が一気に回復し、また、剣士やドラゴンを召還できる範囲が広くなります。さらに、バトル後の報酬にも影響があります。

バトル後です。
今回は砦をすべて占拠できなかったため、150%です。落城で100%、砦の占拠具合で200%まで賞金がもらえます。
 
今日の本題、「タマゴをどんどんふ化させればいいわけではない」問題は、「ふ化させるタマゴを選ぼう」ということでした。

本日のポイント
・バトルのデッキはランダムに組まれる
・召還に必要な召還玉数を確認する
・召還できる上限を確認する

 
です!あとは前回お話したように、ドラゴンごとの特徴を見て選べばいいと思います!
・・私は最初、強そうなのをなにも考えずに選んでしまいましたが(笑)

次回はアイテムの説明をしていきますね。

投稿日:

森の怪人攻略法はコレだ/城とドラゴン

毎週土曜日・日曜日・月曜日に開催されるこのイベントでは、森ステージに出現する敵を倒していき、ステージクリア時に一定の条件を達成していると、レアアバター券やドラゴンメダルなど豪華レアアイテムを手に入れる事が出来ます。

開催期間

2015年8月8日(土)~8月31日(月)までの期間中、土・日・月曜日に限定開催

イベント情報

『ひとりで攻撃』、または『仲間と攻撃』から、討伐イベント『森の怪人』に挑戦出来ます。
今回のイベントでは、敵の城を落城させないとステージクリアとならない特別ルールとなっており、『ひとりで攻撃』は1日3回まで、『仲間と攻撃』は1日2回まで無料で討伐に挑戦出来ます。
今回の討伐イベントは全部で13ステージあり、ステージを進むにつれて出現する敵が強力になっていきます。

討伐報酬について

ステージクリア時に『落城勝利』、『砦全占拠』、『ボス撃破』の3種類それぞれの条件を達成していると討伐報酬を獲得出来ます。『点差勝利』ではステージクリアとならないので、積極的に城に攻め込み、条件を達成して豪華レアアイテムを手に入れましょう。
最高難易度であるステージ13では、討伐報酬で『限定表情アバター』を獲得出来ます。
討伐報酬獲得の達成条件の詳細は

『落城勝利』→敵の城を落城させる
『砦全占拠』→フィールド内の全砦を占拠した条件でステージクリア
『ボス撃破』→フィールド内の全てのBOSSキャラクターを撃破してステージクリア
となっています。獲得出来る討伐報酬はゲーム内のお知らせにて確認する事が出来ます。

攻略のポイント

『森の怪人』では、通常のバトルよりも召喚玉が少ない状態でバトルがスタートし、召喚玉の回復スピードも遅くなっています。ただし、フィールド無いの砦を占拠すると召喚玉が大量に回復するので、砦の占拠を積極的に狙いに行くと良いでしょう。

森マップの特徴

『小さい木』と『大きい木』がマップ上に存在し、砦を攻撃できるキャラクターで倒す事が出来ます。倒れた木がキャラクターに当たるとダメージとなります。
また、オーク、マタンゴ、キラービー、ハーピー、グリフォン、トレントといった一部キャラクターのパラメータが上昇します。

投稿日:

城とドラゴン/ルビー

ルビーの使い方

城とドラゴンでは、課金アイテムはルビーとなっています。
では、そのルビーにはどのような使い方、使い道があるのでしょうか。
ルビーを使用してできることは、下記のようになっています。

タマゴのふ化の時間短縮
武具生産の時間短縮
施設強化の時間短縮
フレンドとバトルする
フートやキーンの購入
CPを増やす
「ごはん」効果発動
「対戦チケット」としてリーグチケットの代わりに使用
「友トレ」購入
リーグ戦でバトル「もう1回」

ルビーがあれば、友トレ玉を増加させてフレンドとのバトルを繰り返し楽しめます。
ゴブリンやリザードマン、マーメイドやワイバーンなどのタマゴのふ化は、3時間や6時間、9時間などと平気で
これらの時間を短くできれば、その分早くレベルアップできます。すると、ライバルに差をつけることができます。
ルビーは城とドラゴンを攻略するうえでとても大事なアイテムなのです。

ルビーの集め方

ルビーは課金アイテムのため、使用できる数は限られています。
しかし、課金以外でもゲットする方法は幾つかあります。
その方法を、下記にまとめていくので参考にしてみてください。

課金する

これは王道の方法です。
課金型ゲームの場合、課金アイテムはログインボーナスやイベントでしか手に入らない場合があります。
しかし城とドラゴンでは、課金以外でもルビーを手に入れる方法があります。
それを下記に紹介していきます。

フレンド追加

城とドラゴンでは、フレンド追加で200ルビーが報酬としてもらえます。
ただし、200ルビーがもらえるのは最初の3回だけです。
フレンド追加でルビーがもらえるのは、自分から申請した時だけです。
誰かから来た申請を承認した場合は、相手はルビーをもらえますが自分はもらえません。

初のフリー対戦

フリー対戦で初めて一緒にバトルするプレイヤーがいた場合、30ルビーがもらえます。
こちらは、最初の20人限定の報酬です。
報酬は「プレゼントボックス(Present Box)」から受け取ります。

フリー対戦でゲットする

「仲間と遊ぶ」からフリー対戦を選択してプレイすると、1回30ルビーをゲットできます。
しかし、30ルビーがもらえるのは1日1回までとなっています。

お助け大砲を成功させる

お助け大砲が成功した場合、5ルビーをもらえます。
お助け大砲は、フレンドが襲われた時の救出として行います。

防衛を成功させる

他プレイヤーからの防衛に成功すしたら、3ルビーをゲットできます。
「防衛報告」の「獲得報酬」からもらいます。
こちらは、1日3回までの特典です。

宝箱からドロップ

働き隊の宝箱から、稀にドロップします。
この宝箱は、基本的にはキーンが出てきます。
ルビーが出てきたらラッキーですが、こまめにチェックしましょう。